美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

自律神経の整え方!|世界一受けたい授業

      2016/05/20


11月14日の日本テレビ「世界一受けたい授業」で、「自律神経の整え方」について紹介されていました。
自律神経ってたまに耳にしますが何ものなのか、また自律神経を整える方法についてご存知でしょうか?

自律神経とは

自律神経は、呼吸や心臓の動き、体温調節など自分の意志とは無関係に体の機能を調節する役割を果たしているもの。
年末の忙しさや室内外の温度差があるこれからの季節は、自律神経のバランスが崩れ「夏バテ」ならぬ「冬バテ」の危険性があるそうです。

自律神経には、心拍数を上げ気持ちを興奮させる「交感神経」心拍数を下げ気持ちをリラックスさせる「副交感神経」があり、1対1が良いそう。
「交感神経」の割合が高い状態だと、パニック障害や更年期障害の症状が出る可能性があり、逆に「副交感神経」の割合が高いとうつ病のような症状がでる可能性があるそうです。
現代社会はストレスが多いため、「交感神経」の割合が高い人が多いのが実態とのこと。

そんな、自律神経を整える超簡単トレーニング方法について教えてくれるのは、順天堂大学医学部教授「小林弘幸」さん。

自律神経が整う曲

小林弘幸さんが著者の、聞くだけで自律神経が整う曲があるそうです。
それは「聞くだけで自律神経が整うCDブック」。
番組では、6人の方を対象にこの曲を聴いてもらった結果、聞く前と比べ5人は「副交感神経」の割合が高くなりリラックスした状態になっていました。

自律神経の整え方①

イライラしたら「階段を上り下り」する。
疲れない程度が重要で、建物1階分の階段を2往復程度上り下りするのがいいようです。
体を動かし血流を改善することで副交感神経が高まるとのこと。
階段の上り下りをしに行くのが難しい場合は、その場でできる方法を次にご紹介。

自律神経の整え方②

イライラしたら「ため息をつく」。
吐く息が長いのがポイントで、吐く息が短いと逆に交感神経が高まってしまうようです。
印象はあまりよくない方法ですが、吐く息が自律神経のセンサーに作用し、自律神経の安定につながるようです。

隠れストレス

自分自身が認識していないストレスを「隠れストレス」といい、本人がきづかないため頑張りすぎたり休憩をとらないため、ボディーブローのように効いてくるそうです。
休みや睡眠をしっかりとって、改善することが必要なようです。

確かに色んなストレスを感じて、イライラし興奮することが多いこの頃。かと言ってリラックスをしようと考えすぎるのも逆効果だと思います。
日頃から適度に運動をしたりリラックスできる曲を聴いたりと無意識にリラックスできるようにしてみたいものです。

優しい音楽で、確かにリラックス出来そうでした。
視聴が可能な公式動画が動画サイトにもあがってますので、ご興味のある方は聞いてみてはいかがでしょうか。

※記載内容はすべての人に効果効能があるわけではないと思います。ご注意ください。


 - テレビ, 健康