美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

新しい出会いの場?男女260人!巨大シェアハウスの現実!|マツコ会議

      2016/06/25


毎回強烈キャラが出てくる「マツコ会議」。11月14日のマツコ会議は、どのような強烈キャラが登場したのでしょうか。

巨大シェアハウスは出会いの場?

今回は、蒲田のシェアハウス。8階建て260部屋もあり260人が暮らしているとのこと。共有スペースでインタビュー開始。

まずは、36歳の男性。まだ入居2か月とのことだが、出会い求めシェアハウスに入居した。ここでダメならもうだめだと決心。マツコさんより、シェアハウスってそんなことになってるの。と驚いた様子。

次に、21歳の女性。彼女も出会い中心。前の彼氏もシェアハウスで出会ったとのことで、シェアハウスは今時の出会いの場所になっているのでしょうか。

家賃は7万7000円と、蒲田の一人暮らしより少しだけお高めとのこと。しかし260室がほぼ満室と大盛況。出会い求めている人が生活を共にしながら探すという新しいスタイル、面白いですよね。

また、マイナビウーマンのアンケートでは、シェアハウスをしたい理由は、異性と出会えるからという理由が、男性29.9%、女性23.3%もいるという。

雰囲気のいいキッチンへ

大塚愛風の美人な女性に、男性3人がキッチンへ集っていた。マツコ曰く、魔性の女だ!と叫ぶ。

男性3人に美人狙いかマツコが迫る。

1人目は、デリケートな男性(41歳)、彼はサンドイッチが得意料理。もっと作ってアピールしたらとマツコの問いに、ウフフフと意味深な声を出す。

2人目は、元料理人の男性(40歳)。たまたま休みが合っただけですよと回答。

3人目は、ボーダーの男性(33歳)狙えたら狙いたいとストレートに発言。

次に彼女(28歳)にマツコから質問。かわいいですね。というマツコに対して、ありがとうございます。と返す彼女。言われなれているわねぇとマツコ。

マツコが最後に総評。社会の縮図。全人類が蒲田にいて面白い。3日なら住めるかもと。

今回は特段、強烈キャラは出ませんでしたが、過去の回はこちらからどうぞ。
第2回、「巣鴨」を舞台とした中継と超個性的な「ババチャン」が気になる方はこちらの記事がおすすめです。
第3回、「ZOZOTOWN」の内容が気になる方はこちらの記事がおすすめです。
第4回、「ホストが集まるフットサル場」の内容が気になる方はこちらの記事がおすすめです。

シェアハウスでの出会い、色々な人間模様があり、色々な年代が一緒に住むってなんだかおもしろいですよね。


2016年6月25日 追記:

6月25日のマツコ会議では、マツコさんが頭の片隅から離れない人として、再び大塚愛風の美人な魔性の女性が登場した。

しかも、この度結婚をするというその女性。
その相手は残念ながら、シェアハウスで生活している男性ではなかった。。。

しかし、それで終わらないのがマツコ会議。
なんと、その結婚相手の男性は、シェアハウスの管理人だった!

どういう出会いだったのかというと、去年ハロウィンパーティーをシェアハウスの中で行った際、出会ったそうで、管理人から女性へ声をかけたそうだ。

その後を追ってみると、驚きの事実がわかるものだと感じた話題だった。


 - エンタメ, テレビ