美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

毛細血管を直視!最新人間ドッグ|サタデープラス

      2016/05/20


11月14日のサタデープラスは、松本伊代さんと、早見優さんを迎え、見えないリスクを知り老化を防げ。超最新人間ドッグに迫った。

検診前に

検診前に、松本さん、早見さんはカフェへ。まさか10代からのアイドル時代の友人が一緒に検診に行くとはねとしみじみ。見た目はすごく若々しいですが、どのような検診結果になるのでしょうかね。

検診前に、お互い衰えを暴露。

松本さんが最近年齢を感じるのは、腕が上がらない。早見さんは、老眼鏡がないと見えない。肌のたるみ。物忘れが激しい。と衰え自慢をして1時間ところで病院へ。

銀座病院へ

予定を大幅にオーバーして、東京・歌舞伎座タワー16Fにある銀座病院へ。この病院は超最新人間ドッグが行えると評判だ。抗加齢研究の第一人者である、銀座医院院長補佐の久保明先生は人間ドックは未来の健康を作る第一歩という。

日本人の死の25%を占める血管関連を早速調査した。

全身に栄養と酸素を運ぶ血管。血管の老化は、体全体の老化につながる。毛細血管観察検査では、なんと0.01mmの毛細血管を見ることができ、爪の生え際の血球の動きを目視することができるのだ。

また、血管の硬さを調べるCAVI検査や、頸動脈にある血管の構造を調べるエコー検査と、多角的に血管を調査。

結果、2人のうち、早見優さんは動脈硬化のリスクがあるという。血管の壁の上に膜があり、その膜が厚くなると、血液の通り道が狭くなり危険だというので健康意識を高めていた。

血管と密接に関係があるのは食生活。早見さんの食生活を松本さんと比べると一目瞭然。カロリーが圧倒的に高かった。

そこで、久保先生に対策を聞いた。その対策とは。

「調味料は、かけるな。つけろ!」

かけるより、つけると塩分量は約半分程度になるという。これは非常に有効的かもしれませんね。

骨密度検査

つづいて、骨密度検査へ。骨折リスクがあると、将来寝たきりになる可能性があるが、自分では骨の状態はなかなかわからない。CTでの骨密度測定が有効。

年齢と骨密度の関係は、50歳が境目。50歳以降男性は右肩下がりな骨密度となるが、女性は、50~60歳で急激に下がる。松本さん・早見さんもこれからですね。

久保先生曰く、骨粗しょう症を防ぐには運動散歩程度では防ぐことができず筋トレが必要。骨が刺激されカルシウムを取り込もうとするそうだ。筋トレと聞くと憂鬱になる人も多いと思うが、椅子に座ってできる腹筋トレーニングを紹介したい。

■腹筋編
浅く座って、背中を倒して、背もたれにつかないように10秒間キープ

■下半身編
足を地面から浮かせて20秒間バタつかせる

双方たった1日3回でいつやってもいいとのことで、テレビを見てるときやオフィスにいるときに実践してみてはいかがでしょうか。

松本さんや早見さんは見た目と共に、中身もきれいで色々な所に気を使っているプロですよね。私も見習います!


 - テレビ, 健康