美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

サードウェーブチョコレートで市場に旋風|WBS

      2016/05/20


11月13日のWBSでは、新しいタイプのチョコレートについて特集だ。そのキーワードは、「BEAN(カカオ豆) TO BAR(板チwョコ)」。

アメリカでは専門コーナーも

Minimal Bean to Bar chocolate(東京渋谷区)のミニマル山下貴嗣代表に迫った。カカオ豆の産地によって、味の違うチョコレートを7種類用意している。そのディスプレイは、まさに高級品を扱う様子。

そこで取材した女性が食レポ。ベトナム産(1,296円)は、華やかな酸味がある。ハイチ産(1,080円)は、甘さが強くあって滑らかでかつコクがある。と産地一つで大きな味な違いがあるという。

作り方一つにしても、バターなど加える大手菓子メーカーとは全く異なる製法だという。

アメリカでは、カカオ豆を全面に出すチョコレートは健康にいいと言われすでに、専門コーナーがあるという。ニューヨーカー達にも、新しいチョコレートだ、サードウェーブチョコレートだと言われている。

日本では健康志向が強いので人気が出るのではと山下代表はいう。イベント等で出店し試食を促すと、その味にびっくりしている人が多く。日本でも認知が広がれば、可能性は高い。

私もチョコレート大好きなので、是非試してみたい。

お店情報

conch

出典:Minimal Bean to Bar chocolate公式HPより。

■場所:東京都渋谷区富ヶ谷2-1-9
■Tel : 03-6322-9998
■営業時間:11:30〜19:00
※月曜定休(祝日の場合は翌日休み

是非とも、おしゃれでかつ、深い味わいのチョコレート試してみるのはいかがでしょうか。

チョコレートと言えば、ポッキーの売上ランキングが紹介されていました。気になる方にはこちらの記事がオススメです。

甘いもの食べて、健康的なのって嬉しいですよね!


 - グルメ, テレビ ,