美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

本日のよく読まれているページ

Sorry. No data so far.

男の本性の見破り方!寿司屋で「いい仕事がしてある」。山登りではりきり過ぎる|はくがぁる

   


3月12日の「はくがぁる」から、男の本性の見破り方についてご紹介。

大人なら知っておきたい、男性の本性の見破り方。

都会と自然の2つのシチュエーションでのその方法について、湯山玲子さん、富士山専門の写真家 植田めぐみさんが教えてくれた。

高級寿司店で見破る方法

湯山さんは、エッセイ本を書くほどの寿司屋ツウ。
都会編として、そんな寿司屋での男性の本性の見破り方を教えてくれた。

食通ぶって「いい仕事がしてある」と語る男性

炙り方や、酢のしめ方など、寿司職人がかけた一手間。
これに対して「いい仕事がしてある」と、受け売りだけの浅い知識で語っている可能性があり要注意だという。

そんな男性は、等身大の自分より自身を大きく見せたい男性だそう。

食通ぶって「戻りガツオだからな」と語る男性

魚でも旬があり、カツオでは時期により初ガツオや戻りガツオと旬を迎える。
そんなうんちくを、旬のものが出てくるものはわかっているのに、寿司屋に通う常連などがいる可能性がいる場であえていう男性には要注意だという。

そんな男性は、周りの状況が見えない、出世が遅い可能性がある男性だそう。

好印象の男性は、素直に「美味しい」と言える人だそうだ。

ちなみに、番組MCの夏目三久さんは、こんな男性が苦手だという。
・声の音量の調節ができない人
・店員さんに大きな態度をとる人

気にする人は結構いるであろう、納得のポイントだ。

女性も気を付けたいこと

また、女性がやっていた、こんな気になることもあったそうだ。
・女性同士のアピールの言い合い
・大将を独占して会話をしたがる
・常連ぶって、大将に「ちゃん」付けで呼ぶ

お店にいるのは自分だけではない、という事に気を付けたいところだ。

 

山登りで見破る方法

植田さんは、富士山に5年間で暮らした富士山専門の写真家。
自然編として、そんな山登りでの男性の本性の見破り方を教えてくれた。
男性の本性は山登りで結構でるという。

はりきりすぎる男性

登りはじめから5合目あたりまでは「俺について来い」と張り切っているが、後半の8合目あたりまで来ると、酸欠になり疲れきっている男性には要注意だという。

ペース配分ができない男性で、人生設計も下手な男性なのではという。

逆に女性の様子をみて「そろそろ休憩しよっか」と、さりげない気遣いが出来る男性は好印象だろう。


男性の本性を見抜くにはあまりにも限定されたものだった。
しかし、人を見る視点については興味深く感じた、そんな話題だった。


 - テレビ , ,