美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

本日のよく読まれているページ

Sorry. No data so far.

プロが厳選!名イントロの曲!「LOVE PHANTOM」「津軽海峡・冬景色」など|関ジャム

   


2月19日の「関ジャム」から、プロが”あのイントロがスゴイ”と思う名曲についてご紹介。

イントロがスゴイ曲を厳選してくれるのは、いきものがかりの水野さん、スキマスイッチの大橋さんと常田さんの3人。

それでは、4つのパターン別にそれぞれご紹介。

瞬殺系イントロ

イントロがはじまった時に、瞬殺されてしまうイントロ。

・「ラブ・ストーリーは突然に」 小田和正

いきものがかり水野さんが選んだこの曲。

1991年販売の大ヒット。
一発のストロークだけで世界が変わった傑作イントロ。

チュクチュ チュチューンというギターではじまるあの名曲。
恋に落ちる2人が出会ってしまう瞬間を、この一発で表現。

・「innocent world」 Mr.Children

スキマスイッチ大橋さんが選んだこの曲。

1994年レコード大賞の受賞の名曲。
ライブ会場が一気に沸点にいくイントロ。

他にも、ジャニーズ系の名イントロとしては、
「SHAKE」 SMAP、「仮面舞踏会」 少年隊
など、ライブで盛り上がるものとして教えてくれた。

いずれも、確かに一瞬で気持ちを奪われてしまう名イントロばかりだ。

・「希望の轍」 サザンオールスターズ

スキマスイッチ常田さんが選んだこの曲。

ピアノ1本なのにライブ会場を全員瞬殺。
ピアノの音だけなのに、最初の2つ3つの音で十分威力を発揮し、心を鷲掴みされる名イントロ。

他にも、同じくサザンオールスターズの「真夏の果実」も名イントロとして教えてくれた。

世界観に引きずり込む系イントロ

曲の世界観に引きずり込まれてしまうイントロ。

・「大都会」 クリスタルキング

いきものがかり水野さんが選んだこの曲。

暗い霧が突然晴れたかのようなイントロ。

最初のフレーズの中に、暗いコードの「Em」と、不安定なフレーズ「F#・A」が入っているという。
最後に、明るいフレーズの「D」が入ることで、急に明るくひらけた印象の音楽になっているそうだ。

・「恋人よ」 五輪真弓

いきものがかり水野さんが選んだこの曲。

最高の褒め言葉として、日本一救いようのないイントロと表現。
明るくなりかけて、また暗くなるコードで構成されているそうだ。

恋人を失った悲しい世界観が、イントロで十分伝わってくる。

・「LOVE PHANTOM」 B’z

スキマスイッチ常田さんが選んだこの曲。

焦らしに焦らされて最高の歌い出しにつながるイントロ。

ストーリー仕立てになっていて、盛大な世界観を表現。
そのため、とても長いイントロになっていて、焦らしに焦らされるが、最高の歌い出しをお膳だての上、サビからはじまる鳥肌ものの曲だ。

・「クリスマス・イブ」 山下達郎

スキマスイッチ常田さんが選んだこの曲。

同じく歌い出しがサビからはじまる名曲で、クリスマスと言えばこの曲といっても過言ではないだろう。

実はこの名曲のイントロを、あまり歌える人がいないという。
つまり、主張しすぎず歌や、それを聞いている恋人達の邪魔をしない仕上がりになっているようだ。

王道パターンイントロ

これぞイントロ!という王道パターンのイントロ。

・「見つめていたい」 THE POLOCE

スキマスイッチ大橋さんが選んだこの曲。

イントロのギターが最後まで続いていて、これを聞いただけで曲の全てがわかるイントロだという。
イントロで完結しているといっても過言ではないと語った。

・「恋するフォーチュンクッキー」 AKB48

いきものがかり水野さんが選んだこの曲。

昔から愛されるメロディー&合いの手イントロの曲。
このパターンは昔から愛されているそうで、昔の歌謡曲の名曲でもよく利用されているそうだ。
3・3・7拍子のような、短い・短い・長いというようなリズムで、合いの手を入れやすく、聴いている人の気持ちを引き出すという。

マイベストイントロ

名イントロを紹介してくれたお三方が、マイベストだと語るイントロ。

・「どんなときも。」 槙原敬之

スキマスイッチ常田さんが選んだこの曲。

キーボード奏者ならだれもが嫉妬する名イントロだという。

イントロでは、ファ#+ラ#+ド#の和音を使っていて、これはF#というそうだ。

ここで、ファ#やド#の高さを変えても同じF#だが印象が大きく変わそうで、この曲の和音の組み合わせのチョイスが絶妙だという。

・「Swallowtail Butterfly ~あいのうた~」 YEN TOWN BAND

スキマスイッチ大橋さんが選んだこの曲。

「なんだこの音は?」と音楽業界に激震が走ったイントロだという。

このイントロは恐らく、プロフェットという楽器を使っていて、さらにそのポルタメントという機能を使っているのではないかと思われるそうだ。
大橋さんが、この楽器と出会って、音を聴いた時に衝撃が走ったそうで、同楽器の機能を使ってマネして弾いてみたそうだ。

・「津軽海峡・冬景色」 石川さゆり

いきものがかり水野さんが選んだこの曲。

たった25秒で映画1本分の物語館。これぞ完璧なイントロだと語る。

歌が主人公の役者だとして、イントロは舞台だとかどこにスポットライトが当たっているか、歌が一番目立つようにする役割をもつのではないかと語る。

冬の荒波、冬の凍てつく寒さなどがイメージが湧き、歌がはじまるまでの全ての役割を完璧にこなしているイントロになっているという。


プロの解説を聞いてみると、イントロの見方、考え方が変わったのではないだろうか。
そんな厳選のイントロを持つ名曲を、改めて聞き直したくなる、そんな話題だった。


 - テレビ, 音楽 , , , , ,