美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

本日のよく読まれているページ

Sorry. No data so far.

倉木麻衣さんの大スランプ「心から歌えない」。知られざる過去とは|チカラウタ

   


2月19日の「チカラウタ」から、倉木麻衣さんの知られざる過去とチカラ歌についてご紹介。

倉木麻衣さん。
現在34歳だという彼女だが、同じ年代を過ごした人で知らない人はいないだろう。

デビュー曲の「Love Day After tommoro」では、ミリオンヒット。
1stアルバムは初動売上げ221万枚と、女性アーティスト歴代1位で、未だに破られていないという。
彼女の曲は、人気アニメの名探偵コナンのテーマソングでもお馴染みで、今まで流れた楽曲は20曲。

歌手を目指したきっかけ

小さいときから歌が好きだったという倉木さん。
その時に、母親がマイケルジャクソンさんの曲の映像を見せてくれたそう。
その曲に感動したのが、歌手を目指すきっかけだという。

そうして、歌手となりいきなりデビューした17歳でミリオン歌手となった彼女。
当時は給料制で、その給料も親に任せていたため、収入などはあまり意識せず一学生として過ごしていたそうだ。

 

倉木麻衣さんの大スランプ

そんな、順風満帆に見える倉木さんだが、実は大スランプがあったという。

それは5年ほど前の29歳の時に、歌が心から歌えなくなったという。
ライブツアーを終え、燃え尽きた状態になった倉木さんは、しっくり歌うことができない、歌い方が分からない状態になってしまった。

そのため、イギリス留学を3ヵ月ほどすることに。
留学中は、語学の勉強や、色んな街を散策などをして過ごしていたそうだ。
そうした中、街を歩いているとイギリスの人がスマホにイヤホンを付けずにそのまま音楽を聴いて、口ずさむ楽しげな表情を見た時、肩の力が抜けたという。

倉木麻衣さんのチカラウタ

そんなスランプの時によく聞いた、チカラウタ。それはこちら。

「BLAME IT ON THE BOOGIE」 The Jacksons

この曲はどんな場面でも、イントロの部分から音楽から気持ちを上げてくれるという。

最近はこの曲を聴くと「倉木なだけに、クラッキになりますね。」とオチをつけた。
おそらく、クラッキ(ポルトガル語でエースのような意)で、絶好調になるという意味だったのだろうか。


そんな彼女の1stアルバムはこちら。


 - テレビ, 音楽 , , ,