美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

蔦谷好位置氏が選んだ2016年の名曲ベスト10(3位~1位)|関ジャム

   


1月15日の「関ジャム」から、先週に引き続き、売れっ子プロデューサー蔦谷好位置氏が独自の目線で選んだ2016年の名曲ベスト10のご紹介。

数々のヒット曲が生まれた2016年。
聞き逃している名曲がありはしないだろうか。

そんな2016年の名曲ベスト10を、売れっ子プロデューサーの蔦谷好が独自の目線で選んだ。

同氏は、ゆずやSuperflyのサウンドプロデュースなどジャンルを問わず、今まで楽曲に携わったアーティストは80組以上という売れっ子音楽プロデューサー。

それでは、蔦谷氏の選考理由とともに選んだ2016年の名曲ベスト10はこちら。

先週紹介された10位~4位はこちら。

3位 Mrs.GREEN APPLE 「鯨の歌」

大注目のニューカマー。
Vo.&Gt.の大森元貴さんが全楽曲の作詞・作曲を担当。

曲を聞いたときはすごかった。
バンド自体は知っていたが、全然僕は情報を知らなかった。
ただラジオで聴いたときに一聴き惚れ。
一目惚れならぬ、一聴き惚れしたくらい、良い曲。

2位 KOHH 「Die YOUNG」

思いのままをストレートに歌にするKOHHは、日本よりも海外での評価が高いという。

KOHHはアンダーグラウンドな側面はあるけど、人気もカリスマ性もあって時代を象徴する人。
音楽の技術があるとか知識があるとかそういうことじゃなくて、
とにかくKOHHのエネルギーがスゴイ。

宇多田ヒカルさんとの「忘却」という曲でもコラボしていて、アーティストからも熱視線を浴びていた。

1位 RADWIMPS 「なんでもないや」

蔦谷氏が、「マジでお前天才だな」と本人に言ってしまったという名曲。

この曲には色んな要素が詰まっているという。

・曲の頭、8小節間アカペラでオケがない。
8小節という長い間のアカペラは、曲としては難しくあまりできないそうだがそこには秘密があった。

・”ヨナ抜き音階”
“ヨナ抜き音階”という基調の音から4つ目・7つ目の音を使わない音階で、日本らしい哀愁のある旋律となるという。

・”一瞬違う音”
また、”もうやなんだ”の部分で、一瞬だけ違う音である7つ目の音を入れることで、引っ掛かりをつくっているという。
最高潮であえて、この引っ掛かりのある違和感があるコードを使うことで「何が起こったんだ!?」と驚いてしまう。

通常のアレンジであれば”C#m7 F#”だが、野田洋次郎さんのアレンジでは”E Cm7♭5″というコード進行をしているという。
これは、曲の音階のコード(和音)の外にある和音で、不協和音になったり不安定になる場合もあるが、それをあえて使っているというのだ。
この発想がスゴいと絶賛した。


プロ目線の選曲で、人に話したくなってしまう、そんな話題だった。

売れっ子プロデューサーのtofubeats氏が選んだ2016年の名曲ベスト10(10位~4位)はこちら。
【10位~4位】
【3位~1位】

名曲「なんでもないや」をじっくり聞いてみたくなったので、こちらでご紹介。


 - テレビ, 音楽 , , ,