美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

髙木琢也さん、原宿”OCEAN TOKYO”のカリスマイケメン美容師登場!|ナカイの窓

   


1月4日の「ナカイの窓」に、予約が2か月待ち!のカリスマ美容師の髙木琢也さんが登場。

琢也さんは、原宿の超人気サロン「OCEAN TOKYO(オーシャントーキョー)」のオーナー兼美容師で、なんと予約は2か月待ち!

そんな琢也さんに髪の毛を切ってもらうために、北は北海道から南は沖縄まで日本各地からお客さんがお店に来てくれるという。

1か月で900人!

琢也さん個人の売上げで、月1200万円を売り上げるという。

それもそのはず。
なんと1か月で900人のお客さんの髪を切るそうで、1日にすると約45人~50人になるそうだ。
その人数を相手にするため、同時に8人ほどのお客さんの髪を切るという。

しかし、営業中はご飯食べる時間もないほど忙しいそうだ。

サロンで働きたい人で大行列!

さらにすごいのが、お客さんだけでなく、サロンで働きたい人にも大人気だという事。
サロンで働きたい人の採用面接で大行列ができ、並んだ人の数はなんと約250人!

そんな、オーシャントーキョーが、他の美容室と異なる点。
それは、外側イケメンだけでなく、内側イケメンを作ること。

例えば、就職で悩んでいたりする人には、その人の良さを引き出すアドバイスも送り内側からイケメンになってもらい、さらに髪の毛をカッコよくして外側イケメンを作りあげるという。

武道館でヘアショー

ヘアショーも開催しその場所はというとなんと武道館!
お客さんは、1万人~1万2千人も入ったという。

そこでは、ド派手な照明と音楽が流れる中、ヘアカットが行われ、中盤からはダンサーも登場と、まさにエンターテイメント。

しかしなぜ、そんなヘアショーを開くのか。

それは、そのショーを見てくれた人が美容師でも武道館にたてると思ってくれたら、美容師の可能性がもっと広がると考えたためだという。
美容師に憧れる人が増え、美容師界が盛り上がることを狙ったもののようだ。

 

最後に、番組スタッフを、他に出演していた美のプロフェッショナル達と一緒にイメチェンに挑戦。
その番組スタッフは、全く美を意識したことがないもっさりとした感じの男性だった。
しかし、イメチェン後は見違えるほどの爽やかイケメンにイメチェン大成功!

中でも髪型によるイメージの変わり方に驚かされ、カリスマ美容師の腕は確かなんだと感じさせられた、そんな話題だった。


カリスマ美容師と言えば、原宿”AKROS”のカリスマイケメン美容師松本拓馬さんをこちらでご紹介
あわせてどうぞ。


 - テレビ , , ,