美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

2016女子高生流行語大賞!”卍”、”BFF”、”マ”|めざましテレビ

      2016/12/01


11月30日の「めざましテレビ」から、2016女子高生流行語大賞のご紹介。

同番組では毎年女子高生流行語大賞を紹介しており過去の流行語はこちら。

2014年大賞 「じわる」
じわじわ感情がこみあげてくることを意味する。

2015年大賞 「それな」
それわかるというように、同意をする時に使う言葉。
それでは、2016年に認知度の高かった女子高生流行語はこちら。

10位 ~み

語尾に「み」をつけることで、柔らかくかわいい印象になるため、「み」をつける。

「しんどみ」→「しんどい」
「うれしみ」→「うれしい」
「つらみ」→「つらい」
というような使い方。

「やばみ」→「やばい」
「きもみ」→「きもい」
と、ネガティブな言葉でも少し印象が柔らかくなるというサプライズも。

ちなみに、新橋のサラリーマンにその意味を聞いてみたところ、「わたみ(和民)」といかにもな回答だった。

 

9位 スノる

「スノー(SNOW)」という大流行した顔認識アプリで、撮影した画像をデコレーションできたりする。

「スノろう!」などという使い方をするようだ。

 

8位 ゲロ~

「めっちゃ」や「とても」と意味の形容詞で、吐きそうなくらいすごいという意味。

実は90年代にも流行していた言葉で、その時は「ゲロマブ」→「めちゃくちゃかわいい」などという使い方をしたそう。

ちなみに同じような意味の言葉の、順位付けするとこうなるそうだ。

ゲロ > 鬼 > 神 > ガチ > マジ > 超

昔からある使い慣れた言葉の方が、意味が弱くなるようだ。

 

7位 BFF

「Best Friend Forever」→「いつまでも友達だよ」という意味。

 

6位 マ

「マ!?」→「マジ!?」の意味。

女子高生に使ってもらうと、なんと「マ!?」だけで会話が成立する場面も。

最近は、言葉をとにかく省略するように進化しているようだ。

 

5位 はげる

もちろん、薄毛になる事ではない。

髪の毛が抜けそうなほどうれしいという意味。

「ヤバい」と、同じような使い方をするようだ。

(例文)
「修学旅行の前日楽しみ過ぎて、はげそうになった。」

 

4位 アモーレ

サッカーの長友選手が、恋人の平愛梨さんを”アモーレ”と表現し話題となった言葉。

しかし、女子高生の間では同姓の親友に使うそうだ。
友人も愛する人に変わりはないということのようだ。

 

3位 ~まる

「おけまる」→「OK。」
「大好きまる」→「大好き。」
という使い方。

句読点の「。」を読むことで、柔らかい印象やかわいさをプラスするようだ。

 

2位 よき

「いいね」という意味で使う言葉。
テンポよく2回加算せて使うのが主流のようだ。

古典の授業ででてきて、使うようになったという。

他にも、「いと」「ありけり」なども流行っているという。

 

1位 卍

2016年の大賞は「卍(まんじ)」。

もちろん、お寺の記号として使うのが流行っているわけではない。
いろんな意味で使うことがあるという、面白い流行語のようだ。

・写真を撮る時のポーズと掛け声

・テンションが上がった時に叫んで使う

・ヤンチャな人に対し使う
「あの人、マジ、”卍(まんじ)”じゃね。」というような使い方。
“大関れいか”さんという、Vineの6秒動画で有名な女子が使用、それから急に普及しはじめたという。


今年もいよいよ終わりに近づいているが、来年はどんな言葉が女子高生の間で流行るのか気になる、そんな話題だった。

 

こちらでも、2016年の女子高生流行語についてご紹介。
“PK”、”卍”、”ぎゃんかわ”、”ぱちょる”。あなたはいくつわかるだろうか?

女子高生流行語2016!”PK”、”卍”、”ぎゃんかわ”、”ぱちょる”|めざましテレビ
6月16日の「めざましテレビ」から、1年の半分が過ぎ去った2016年、そんな今、女子高生の間で流行している言葉についてご紹介。 いつの時代も若者、特に女子高生から発信されるトレンドが世間を賑わせるもの。 そんな女子高生の間では今、どんな言葉が流行しているのだろうか。 番組では、東京・原宿の女子高生427人を対象に調査。 耳元コンサート状態 イヤホンが耳元で反響してうるさい時に使うという。 ぱちょる ぱってちょっと借りてくる、の略語。 忘れ物などをしたときに、友達に借りる際に使う言葉。 脳内動物園 頭の中がパニックになった時に使う言葉。 頭の中が、動物園のように賑やかな状態をパニックしているとして表現しているのだろうか。 ありよりのあり テレビ番組のタイトルにもなっている。 “あり”か”なし”でいうと、完全に”あり”ではないが、”あり”に近い(寄る)という感じを表現するようだ。 DAI語風シリーズ 次は、日本語の頭文字をアルファベットにした言葉。 DAIGOさんが使う”DAI語”が有名だが、これが女子校生の間でも流行しているという。 MJK “まじか”、の略語。 女子高生に「MJKってなに?」と聞いたら、「MJK。。」と返されそうだ。 PP “ぷちパニック”、の略語。 「PP」と言われたら、言われた方がPPになりそうだ。 KSK DAI語では、DAIGOさんが北川景子さんに、”KSK=結婚してください”とプロポーズをしたことで有名。 しかし、女子高生の間では”キセキ”という意味で使っているよう。 NHK もちろん放送局ではない。 “二の腕 引っ張って キス”という、女子高生が憧れる胸キュンワード。 PK “パンツ くいこんでる”というのを、男子に気付かれないように生まれたという。 他にも、SK=”スパッツ くいこんでる”なども。 時事ネタ、言葉足し算シリーズ 世間を賑わせた時事ネタや、言葉を足して略語にしたもの(おつまる=”おつかれ。”などが代表例)。 アモーレ サッカーの長友選手が、恋人の平愛梨さんを”アモーレ”と表現し話題となっている。 しかし、女子高生の間では友人のことも”アモーレ”と呼ぶそうだ。 友人も愛する人に変わりはないということのようだ。 ゲスい 男子が女子を傷つける、そんな行為に対する言葉。 イメージ通りの使い方だ。 ファンキー

今までの暮らしの流行語を見てみると面白いかもしれない、そんな本があったのでご紹介。


 - テレビ , , , ,