美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

写真の撮られ方教室!美しく写るテクニックと受講方法|めざましテレビ

   


11月10日の「めざましテレビ」から、写真の撮られ方教室の「美しく写るためテクニック」と「受講方法」についてご紹介。

写真を撮られる際に、緊張から自然な表情とならず顔がこわばったり、どこか苦手意識があったりしないだろうか。

そんな写真の撮られ方について教えてくれる「写真の撮られ方教室」があった。

「写真の撮られ方教室」は、ファッション誌などで活躍するカメラマンが写真写りの良くなるコツを教えてくれるもの。
受講料は、現時点では4,900円(1回)となっているそうだ。

今やSNSなどで写真が多くの目にさらされる機会が増え、変な写真を拡散されたくないという理由で受講する人が多いそうだ。

それでは、美しく写るための2つのテクニックはこちら。

美しく写るためのテクニック

細く写るための美ワザ

ズバリ、「正面を向いて立たない」こと。
“斜め45度”に立ち、”体と腕の間に隙間を作る”とウエストが細く見えるそうだ。

自然な笑顔で写るための美ワザ

①感情を声に出す

「楽しい~」など、声に出すことで自然な表情を引き出せるそうだ。

②撮影の直前までカメラを見ない

レンズを見続けると緊張し、無理に目を見開くなど不自然な笑顔になりやすい。
そのため、シャッターをきる直前までカメラをみないでおくと自然な表情のままでいられるそうだ。
受講者の感想は「写真を撮られることに対して緊張をしなくなった。」と、写真を撮られる苦手意識がなくなったようだ。

受講方法

写真の撮られ方教室の受講方法だが、こちらのサイトから検索し応募可能。

street academy(ストリートアカデミーHP)
実はこのサイト、自分の特技やスキルを教える教室の開校を手助けしてくれるサイト「ストリートアカデミー」。
教える側としては、集客や場所決めなど面倒なことをサポートしてくれる。
また、習う側としては、オリジナリティ溢れる講座を受講することができる今話題のサービス。

以前、こちらのサービスを含む「副業で副収入をゲット。簡単で楽チンな8つのサイトやアプリ」の話題はこちら。

副業で副収入をゲット。簡単で楽チンな8つのサイトやアプリ|スマステ
5月13日の「SmaSTATION!!」から、手軽に副収入が得られるサイトやアプリのご紹介。 年金や社会保障の将来を考えると、1つの仕事の収入だけで生活していくのは、何かと不安があるのが正直なところ。 また、空いた時間で何かできないかなと思っている方にも気になる話題だろう。 そんな時、考えるのは副業。 しかも、サイトやアプリを使った簡単で楽ちんな進化系副収入ゲット方法についてご紹介。 撮った写真で副収入 写真を売る人、買う人の仲介をしているサイト「ピクスタ」。 趣味の写真など、写真を撮ってサイトを通じて販売。 サイトやアプリ: PIXTA 参考収入(番組で紹介された人のケース): 1万5000円/月 写真のサイズによって、540円~5400円で自動決定されるという。 番組で紹介された方は、月に35枚くらいサイトに登録し、写真の売上げの45%が報酬となるようだ。 ハンドメイドした作品で副収入 オンラインのハンドメイドマーケットで、生活雑貨や、家具、洋服など手作りのものを販売できるサイト「ミンネ」。 モノづくりが好きな人やセンスに自信がある人には持って来いの副業ではないだろうか。 ハンドメイドであれば何でも販売できるそうだ。 サイトやアプリ: minne 参考収入(番組で紹介された人のケース): 30万円/月 番組で紹介された方は売れっ子なので、ちょっと基準が違い過ぎるが、頑張ればそんな高収入が望めるということだろう。 おっさんレンタルで副収入 35歳以上のおじさん必見。 なんと、おじさんが話し相手のレンタルサービスがあるという。 自身の人生経験を武器に、相手の相談や悩みなどの話相手になる。 ドラマ「ゆとりですがなにか」を見た方ならご存じだろう。 サイトやアプリ: おっさんレンタル 参考収入(番組で紹介された人のケース): 5000円/月 ※毎月1万円の登録料が必要。 その他: どんな人が利用するのか気になるだろうこのサービス。 例えば、こんな感じだ。 利用者は、30歳の女性。まもなく会社を辞める予定で、今後の人生の相談がしたいということで、「おっさんレンタル」を利用。 その他にも、喫茶店や居酒屋での話し相手や、行列に並んでいる間の話し相手、ライブやコンサートに一緒に行くなどでの利用ケースがあるという。 空いた駐車場をレンタルして副収入

写真の撮られ方をプロから、比較的安価で指導してもらえるというサービスが身近にあり便利な時代になったものだ、と感じたそんな話題だった。


 - テレビ , , ,