美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

子供の成績を上げる「良いほめ方」と「悪いほめ方」|林先生が驚く初耳学

   


林先生が感銘を受けた、人物である中室牧子先生。

中室先生は、慶応大学の教師であり、”「学力」の経済学”の著者でもある。
“「学力」の経済学”は、売上を伸ばし29万部越え記録し、記録をさらに更新中。

11月6日の「林先生が驚く初耳学」では、そんな中室先生が「子供の成績を上げるほめ方」について教えてくれた。

子供がテストで良い点をとってきた時、どんなほめ方をされているだろうか。
またその逆に、悪い点をとってきた時、どんな言葉をかけているだろうか。

そんなほめ方1つで、子供の今後の学力にも影響があるというのだ。

それでは、一体どういう褒め方が良いというのだろうか。

良い点をとったときの褒め方

ズバリ、学力が上がる正しいほめ方はこちら。

子供を褒める時は「努力したことをほめる」。

ほめ方の良し悪しの例はこちら。

悪い例)
「頭がいいね」「天才だね」

良い例)
「よく頑張ったね」

この違いはというと
悪い例)
「頭がいいね」「天才だね」
→能力をほめている

良い例)
「よく頑張ったね」
→努力をほめている

というもの。
ではなぜ、その褒め方に良し悪しがあるのかというと、こんな実験が過去あったそうだ。

小学生を以下2つのグループに分けて実験。
1つは「頭がいいね」と能力をほめたグループ。
もう一つは「よく頑張ったね」と努力をほめたグループ。
すると、「頭がいいね」と褒めたグループの成績は下がり、もう一方のグループの成績は上がったという。

これは、元々の能力をほめられると「点数がよかったのは能力が高かったから」だと考え、努力する意欲を無くしたのだろうと考えられるそうだ。

悪い点をとった時に言ってはダメな事

逆に、悪い点を取った時に行ってはダメなこともあるそうだ。

悪い例)
「女の子は数学が苦手だからできなくてもしょうがない。」

つまり、親の先入観から発せられたネガティブな言葉が、子供に刷り込まれ、結果子供の学力が下がってしまうという。

悪い点を取った時以外でも、親の根拠なき先入観によるネガティブな発言は、子供への悪影響につながる危険性はあるだろう。


あまり神経質になり過ぎる必要はないだろうが、発言する際には一呼吸おく必要もあるのだと感じた、そんな話題だった。
以前、同番組で中室先生が講義したシリーズを紹介したのはこちら。

・どの大学に行っても収入は変わらない!?

・学力アップの方法!”結果”ではなく”きっかけ”にご褒美をあげるべし

ぜひご一緒にどうぞ。


 - テレビ , , , , ,