美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

世界初!家事を学ぶ学校設立の高橋ゆき先生登場!食器洗いの技と知恵とは|プレバト!!

   


11月3日に放送された「プレバト」では、新企画の食器洗いについて。食器洗いの技と知恵を梶研究家の高橋ゆき先生が教えてくれた。

高橋ゆき先生とは

家事代行会社「ベアーズ」取締役副社長。

世界初家事を学ぶ学校を設立。

まさに主婦業のプロだ。

874b0bb333b38e492871ae7281ea70b7_s

油汚れのコツ!

重曹をお湯に溶かした重曹水に浸ける。

重曹とは、炭酸水素ナトリウムの粉で、料理では「ふくらし粉」として使われるものだ。油を緩ませ浮かせる効果があり、消臭効果、研磨効果、漂白効果まである。

重曹水に1~2分浸ければ細かな汚れも素早く落ちるというのだ。

木のまな板に塩

臭いの残りやすい木のまな板は、水などに浸けこむ人が多いが、それは間違い

黒ズミやカビが発生する原因にもなるので、水分を吸うので必要以上に水に浸すのはNGだという。

木を傷めずに洗う方法があるという。それは…。

あら塩で洗う

◆やり方

①表面の汚れをキッチンペーパーでふき取る
②あら塩をまな板に振りかける
③たわしで優しくこすると、溝に塩が入り菌の元をかきだしてくれる

焼魚に重曹

サンマなど魚の臭いが強い食材では、食器に重曹を捲く。

消臭効果と油を浮かすことが出来るのできれいさっぱりだ。

節水のコツ

節水のコツは、キッチンペーパーの使い方だ。

指先にしっかり固定することで力が分散。汚れを先に取ることで水の使用量を減らすことが可能だという。

日々の洗い物にもちょっとした工夫で、時短にも節水にもなるので一度試してみてはどうだろうか。


 - その他, テレビ , ,