美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

超簡単!スマホで撮った写真で端の人が太って見えない方法とは|林先生が驚く初耳学

   


10月16日の「林先生が驚く初耳学」から、スマホで写真撮影した時に端の人が太って見えない方法についてご紹介。

女子会など友人たちと集まった時に撮影する記念写真。
撮った写真を見た時に、なぜか端っこに映った自分が明らかに太って見える。
そんな経験はないだろうか。

数多くの雑誌を手掛けるプロカメラマンの東さんによると、最近のスマホは使い方を失敗すると端っこの人が太って見えてしまうそうだ。
これは特に、最近のスマホやデジカメで起こりやすい現象だという。

端の人が太って見える理由

最近のスマホやデジカメは、普通の人間の目が見える範囲よりも広い範囲が写る特殊なレンズ、広角レンズになっているそうだ。

そんな広角レンズは便利な一面、近くを映すと外側が伸びて写ってしまい、端の人物は2割ほど太って見えてしまう悲劇が起こるという。

しかし、この端に映った人物が太って見えてしまう問題は簡単に克服できるというのだ。

実際に、番組でこの方法を試すとその問題は劇的に改善されていた。

スマホで写真撮影した時に端の人が太って見えない方法

この改善方法は、ずばり人物とカメラの距離がポイントで、その方法とはこちら。

レンズの歪み改善法① 人物とカメラの距離を離す
レンズの歪み改善法② カメラのズーム機能を使って撮影する

たったこれだけ。

人物から離れてズーム機能を使って撮影すれば、広角レンズによって歪んだ部分を写真から外すことができる。

この時の目安は、画面の中心から60%の枠内に人物を入れること。

ズーム機能で画質が荒れてしまっても、最近の写真加工アプリに付属されている写真の補正機能で美しい仕上がりにできる。

この理論を知っていれば、写真を撮る時には真ん中に集まった方がいいということも分かる。
さらに、写真撮影を頼まれ撮ってあげる際に、この方法で撮ってあげると喜んでもらえるのではないだろうか。


物事の原理原則をしっていれば簡単に対処できてしまう一例と感じた、そんな話題だった。

証明写真を上手に撮る3つのポイントを以前こちらでご紹介。
ご一緒にどうぞ。

証明写真を上手に撮る3つのポイント!”シンデレラ角度”とは|ZIP!
自撮りや仲間などと撮るプライベート写真では、顔の角度や表情を豊かにすることで、自分なりのベストショット用の持ち顔を持っている人は少なくないだろう。 しかし、履歴書や免許証などに必要な証明写真では、そんな持ち顔を活かせず納得できない写りとなってしまう人、少なくないのではないだろうか。 証明写真を撮影する時、どういう表情にしていいのかわからず表情が硬くなったり、真正面から撮られることで顔が大きく写ってしまう気がする。 自分なりに口角をあげ目を見開いて表情を作ったり、化粧を厚めにしてみるなど対策をするも上手くいかない。 そんなこの悩み、実はあるポイントを3つ抑えると、解決するかもしれないというのだ。 そんな証明写真を上手に撮るための攻略法について、5月31日の「ZIP!」からご紹介。 証明写真の悩み 番組では街角でインタビューをしたところ証明写真は、目が座って見える、力み過ぎて表情が硬い、血色が悪い、顔の角度をつけれず顔が大きく見えてしまう、などの悩みが聞こえてきた。 このように、大きく以下2つの悩みが多いようだ。 ①真正面から撮られるため上手く盛れない ②写真機の前で表情がうまく作れない 証明写真の攻略法 それでは、そんな悩みの攻略法である3つのポイントはこちら。 ポイント① シンデレラ角度 正面にあるカメラに対して額を突き出すようにあごを引く。 こうすることで、2重あごに写る心配を少なくし、カメラに対して角度が付き小顔効果が期待できるという。 ポイント② ”ウィー”で表情を作る ウィスキーの”ウィ”と声を出すイメージで、そのまま唇を閉じる。 こうすることで、口角があがり、自然な表情に仕上がるようだ。 ポイント③ 大きめの白い紙で顔を明るく 顔にもっと明るさが欲しい場合、A4ノートなど大きめの白い紙を胸の辺りで写真に写らない位置に持ち、光を顔に反射させる。 こうすることで、白い紙がレフ版の代わりとなり、顔が明るくなり美肌効果が期待できるという。 この3つのポイントを試した人たちはその写真写りに喜び満足していた。 早速、証明写真を摂りに行って試したくなる価値がありそうな、そんな話題だった。   ●送料&支払い手数料無料!「焼けたくない」方に選ばれているUV対策。

 - テレビ , , , ,