美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

ロザッチとは!?「サントニブンノイチ」オーナーでオシャレ若者の神様!|なにゆえのカリスマ!?

   


10月11日の「なにゆえのカリスマ!?」に、オシャレ若者の神様という「サントニブンノイチ」オーナー”ロザッチ”が登場した。

ロザッチは、人気古着店「サントニブンノイチ」のオーナーで、ゆうたろうくんがスタッフとして働くお店としても有名。

どれほどカリスマなのか、オシャレの最先端の地である原宿でロザッチについて聞いてみると、知名度はなんと9割を超えるほど有名人。

ゆうたろうくんも、「この人がいなかったら、今の僕はないっていうぐらい、僕にとっては大きな存在。」とその人物をとても尊敬していた。

ゆうたろうくんについては以前こちらでご紹介。

アソビシステムが熱望。超カワイイ17歳ゆうたろうくんとは|景気イイ芸能事務所に潜入!関ジャニ特命捜査班7係
超カワイイ17歳の男子がテレビで登場し、話題となっているようだ。 その男子が登場したのは、1月30日の「景気イイ芸能事務所に潜入!関ジャニ特命捜査班7係」で、関ジャニの7人が、今話題の景気のイイ芸能事務所に潜入し、その事務所の捜査をする番組だ。 そこで、潜入したきゃりーぱみゅぱみゅさんなどが所属する事務所「アソビシステム」。 その事務所がスカウトをしたいと熱望する男子が、この話題となっている人物。 どんな人物なのだろうか。 アソビシステム まずは、アソビシステムについて。 きゃりーぱみゅぱみゅさんや、三戸なつめさん、増田セバスチャンさんなどの最先端の売れっ子が所属する芸能事務所。 2007年に、社長が28歳の時に立ち上げたという芸能事務所。 そんな社長さん、見た目はちょっと原宿っぽさはあまり感じない、ぼっちゃりとして穏やかな印象。 しかし、見た目とは裏腹なその敏腕で、なんと8年目の現在、超売れっ子を抱える事務所へと成長。 事務所は原宿にほど近い東京都渋谷区神宮前にあり、カフェを改装したオシャレな空間。 その事務所で働く社員の平均年齢は28歳と、とても若い。 事務所にいた、社員へ早速インタビュー。 2BOYさんとLicaxxxさん アートディレクターを担当する坪井さんは、DJもしていて2BOY(ツーボーイ)という名前を持つ。 背も高くモデルのようないで立ちで、かなりカッコイイ。 また、Web動画やサイトの企画を行うコンテンツ部の廣田利佳さんは、別名Licaxxx(リカックス)として、アーティスト活動やCMへも出演。 とてもカワイイ女性だ。 アソビシステムは街でスカウトしていない なんと、アソビシステムは街でスカウトはしておらず、SNSや、街のショップ情報をもとにスカウトをしているそうだ。 きゃりーぱみゅぱみゅさんのスカウトもブログがきっかけで、素人時代にブログランキング1位をとって話題となっていたそうだ。 超カワイイ17歳ゆうたろうくん そんな、アソビシステムが熱望する逸材の、超カワイイ17歳の男子とは。 彼をみたレポーターの関ジャニ安田さんは「男やんな?女の子みたいな顔をしてるで!」と驚く。 ゆうたろうくんは、17歳男性。 洋服屋のサントニブンノイチのショップ店員のようだ。(通常は大阪店勤務だそう) 太っている人が好きでアソビシステムの社長さんのファンだそう。

そんなロザッチは、身長169cm、体重80kgと、ぽっちゃり体系。
しかし、ゆうたろうくん目当てにお店に来ていたお客さん達も、ロザッチがいることに気付くや否や、ゆうたろうくんそっちのけでロザッチの元へ集まるほど。

 

ロザッチのカリスマ性

そんなロザッチのカリスマ性の秘密とは。

・すさまじい経営手腕

大阪で立ち上げた古着店を、わずか3年で5店舗に拡大した若干25歳のカリスマ。

その古着店はオシャレ若者の心をつかみ、メディアでもとりあげられる超人気店に。

・世の中にあるモノすべてが服

例えば、アメリカの国旗である星条旗を、体にまとってファッションとして取り入れるなど、生活の中にあるアイテムすべてがファッションになりうるのだという。

・今まで洋服に使った金額は”1億円”!

今まで洋服に使った金額は、なんと”1億円”というロザッチさんだが、そのファッションに目覚めたキッカケはなんなのだろうか。

それは兄から古着のデニムを譲ってもらった後、両親に「似あう?」と聞いたところ、「似合う!」と言われたのが嬉しく、ファッションの虜になったという。

そんなロザッチさんは、休日となれば、ファッション巡り。

この日は、原宿にある古着屋の「Dog」へ。
レディー・ガガさんや、マライヤ・キャリーさんなど海外セレブも来店したことがあるという超有名店。

そこでは、一緒にファッション巡りをしていたゆうたろうくんに似合う洋服があるかも探していた。
スタッフに似合う服があれば、自腹で買ってあげるという。
そんな太っ腹なだけに、1回で100万円の洋服を買うこともざらだという。

・正直で個性的な接客

お店に来たお客さんに、いきなり「変な恰好。」「その靴はくな言うたやん。」と、アドバイスを送りながらも驚く接客。

例え初対面のお客さんでも、基本的にはタメ口だそう。

・突然あげた16万円のミシン

人間性にもカリスマの秘密があった。

高校を中退してファッションの学校に通い、自ら服を作ったデザイナーの卵かずきさん。
その服をロザッチに見せたところ、「結構キレイやん」と褒められ、その場で16万円もするミシンを買ってもらったという。

太っ腹すぎる話だが、次世代のファッションを担う若者に、先行投資をという思いからだという。

・芸能事務所並みの先見性

ゆうたろうくんは、地元の広島にいたころ、ロザッチさんにスカウトされたという。
実は「サントニブンノイチ」で働くスタッフは、ロザッチさんが街でスカウトした若者達。

輝くファッションセンスを持つ若者を世に広めたいと考えているからスカウトをするのだという。

そんなゆうたろうくんは、芸能界でも活躍しており、その先見性もすさまじかった。

ちなみに、東京では、ロザッチさんとゆうたろうくんは一緒に住んでいるという。

ファッションに対する思い

そんなロザッチは、ファッションについてこう語った。

本当にファッションがあることで色んな人と出会える。
僕がファッションを好きじゃなかったら、ゆうたろうと出会えてないですし、お客さんももちろんそうだし。
何百人何千人と友達いますけど、全員ファッションでつながっている人なんで。
ファッションがあったから、今の僕があるのは絶対ですね。

人生を全てファッションに捧げるロザッチさんの深い思いが垣間見れた。

ちなみに、ロザッチさんの女性の好みは、キレイすぎる人は苦手だそうだ。


 - テレビ, ファッション , , ,