美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

モテたい男性が集まるバク転教室!バク転動画をSNSへアップが流行?!|マツコ会議

   


9月10日の「マツコ会議」では、モテたい男性が集まるというバク転教室へ潜入した。

以前、マツコ会議のカリスマイケメン美容師の回に出演したに出演した若者の猪野さんも通うバク転教室。

インターネットで調べてみると日本全国に様々なバク転教室があることが分かる。

そんな話題のスポット、バク転教室とはどんなところなのだろうか。
また、そんなバク転教室に通う人たちは、何が目的なのだろうか。

早速、東京・板橋区にあるバク転教室「つばさ基地」へ潜入してみることに。

つばさ基地の情報(つばさ基地 HP)はこちら。

img13aqh1921_1出典:つばさ基地

モテたくて上京した3人組

バク転教室では、空中でどんなポーズになるのか疑似体験をする講習が行われていた。
そんな講習を受けていた22歳の男性3人組にインタビュー。
ちなみに3人の内、2人は双子だそう。

なんでバク転をしたいかと聞くと「モテたいから…。」という。
“俺、バク転できるんだよね”っていうとキャーってなんの?」と質問するマツコさん。
すると、「海とかで。」と答える男性達。
えっ、そんな簡単なものなの?」と笑うマツコさん。

そんな男性達は、大分から8月に上京したという。
上京した理由は、とにかくモテたくて、東京に来れば変わるかなと考え勢いで状況をするも、今は無職だという。
これには「なんで、仕事決まってからバク転教室に通わないんだよ!」とツッコむマツコさん。

しかし、人が冷たく東京はイメージよりも怖かったそうで、コンビニの店員からおつりをもらうときに両手で渡されなかったことをエピソードとして語った。

そんな中、バク転教室での成果を見せてもらうと、1人はバク転教室2回目にして、簡単な補助だけでバク転成功。
かなり上達が早い男性達だった。

そもそも、バク転ができるとどれだけモテるのか。
番組では、合コンでモテると思う男子の特技ランキングが”7位”だと紹介。
ちなみに1位は「手品」だそう。

美術部の華麗なアクロバット

お次は、華麗な前宙をしていた中学2年生の男子にインタビュー。
その男子は、なんと美術部だといい、パルクールのZENさんに憧れて、バク転教室に通っているという。

パルクールとは。

パルクール(仏: parkour、略:PK)は移動動作を用いて、人が持つ本来の身体能力を引き出し追求する方法である。
壁や地形を活かし、走る・跳ぶ・登るなどの動作を複合的に実践する事で、生活やスポーツに必要なすべての能力を鍛えて行く。動きを規定するルールは無いため、競技ではなく自主的な運動として実践される。

引用:Wikipedia

マツコさん「パルクールの選手になりたいんだ?」と将来の夢を聞いてみた。
すると、男子は「将来は教師になりたい。」と回答。
これには「掴みどころがなくて好きよ。」と苦笑いのマツコさん。

かるくその実力を見せてもらうと、華麗なアクロバットの連続技を披露。
これには「美術部よ。」と、そのギャップに驚くマツコさん。

そんな男子は、動画サイトにそのアクロバットをしている様子をアップするために撮影をしていた。
このように、SNSにバク転などアクロバットをする様子をアップするのが流行しているという。

自分磨きでバク転

お次は、飛び乗りの練習をしている男性にインタビュー。

マットに対して背面からダイブする行為を、飛び乗りというそうだ。
バク転の時の恐怖心を無くすことと、飛ぶ時の空中姿勢維持を目的として行うという。

飛び乗りは、バク転の練習の初歩だそうで、そんな男性に対し「今日、何回目?」と質問するマツコさん。
何回目かは忘れたんですけど、半年くらい通ってます。」と男性。

これには、「半年通ってまだこれやってるの?なかなかこれから先に進めない?」と驚いた表情のマツコさん。
先生補助付きで、バク転を見せてもらうことに。

すると、補助つきながらもキレイなバク転に成功。

そんな男性に、バク転教室に通う目的を聞いてみた。
すると、失恋もあり自分磨きのためではじめたそうだ。
通っているうちに、そのバク転の魅力にはまったという。

がんばれよ~」とエールを送ったマツコさんだった。

イケメン先生狙いの女性

バク転教室には女性も通っていた。

まずは、1人の女性にインタビュー。

バク転教室に通う目的を聞いてみると。
KinKi Kidsの堂本光一さんのファンで、光一さんが出演する舞台を見に行っていたところ、バク転とかできたらいいなと思ったのがきっかけだそう。

そんな女性に年齢を聞いてみるマツコさん。
すると36歳との女性の回答に
遅咲きね~。
すごいと思う。
見てるだけじゃなくて、自分もそこに行こうってのは。
と、いい話に演出しようとするマツコさん。

これに対し「先生がカッコイイから。」と、なぜか女性が続ける。
それを聞いたマツコさんは、光一さんから先生に変わっただけじゃないかと、ちょっとお怒りなご様子。

そんなイケメン先生に補助をしてもらいながらバク転をして見せてくれた女性。
かなりたどたどしかったが、バク転に成功した。

看護師の女性は大会出場が目的

お次は、47歳の看護師の女性にインタビュー。

バク転とアクロバットとポールダンスを習いに来ており、大会の出場を目的にしているという。

年齢を感じさせない見た目と、その動きにマツコさんもビックリ。

番組でさらに掘り下げたいことは「バク転でモテたい3人組の東京新生活に密着。」となった。
バク転とは関係ないが、冒頭に出てきた男性3人組の気になる東京の新生活に迫る。


リオ五輪では日本の体操男子が大活躍をし感動した人が憧れ、これからもさらに人気が出そうなバク転教室だと思わせる、そんな話題だった。

前回のマツコ会議から「同窓会はリア充だらけ?!同窓会で恋が生まれる?!」をご紹介。
もしよろしければ、合わせてどうぞ。


 - テレビ , , ,