美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

大ブームの自撮りアプリ「SNOW」!自撮り棒がいらない「BLACK EYE ワイドアングル」|マツコの知らない世界

   


8月30日の「マツコの知らない世界」から、進化した自撮りグッズ5撰と自撮りアプリをご紹介。

これからの秋の行楽シーズンでは、キャンプやバーベキューなど外で遊んだりする時に、自撮りをする機会が増えるのではないだろうか。
そんな時に知っておきたい、自撮りに関するアレコレ。

今回は進化した自撮りグッズと、自撮りアプリを教えてくれるのは生駒幸恵さん。
生駒さんは、自撮り指導員として働き、自身は1日100枚以上自撮りをし自撮りを極め、数々のモデルにその自撮りテクニックを教えるという
自撮り指導員とは、生駒さんが勤めるアパレル会社の職種で、ショップ店員やファッションモデルなどに自撮りで実物よりキレイに映るテクニックを教えたりするものだそう。

それでは早速、進化した自撮りグッズと、自撮りアプリはこちら。

進化した自撮りグッズ5撰

Hamee
セルフィースティック付きハードケース

スマホケースと自撮り棒が一体化した自撮りアイテムで、スティック部分は40cmまで伸ばすことができるという優れもの。
これを持っておけば、自撮り棒をわざわざ持ち歩く必要がない。

これにはマツコさんも「あーこれすごーい!こんなんなってんの今!?」と驚く。

 

BLACK EYE
WIDE ANGLE(ワイドアングル)

スマートフォンのカメラ部分に装着するクリップ型の広角レンズ。
なんと、レンズを付けるだけで広角になり、自撮りなのにスマホを離して撮影したような距離感を出すことができる。

これにはマツコさんも「これすごいね!一瞬で自撮り棒いらなくなったね。」とさらに驚く。

 

カシオ
EX-ZR3100

一見普通のデジカメだが、自撮りに特化したデジカメ。
液晶画面をレンズ側に向けることができ、まさに自撮り用のデジカメとして使うことができる。

キレイに映りたい人には、肌のテカリを抑え美白に変えられるメイクアップモードを搭載。

撮った写真をSNSへすぐ送りたい時には、カメラのスマホアプリを立ち上げて、カメラのwifiボタンを押すと、写真がスマホに自動的に送られるという優れもの。

これにはマツコさんも「はぁ~。知らない間にスゴイことになってんだね。」と驚きすぎてため息。

さらには、カメラに向かって手を振ると、動きを感知してシャッターが切れるハンズフリー機能を搭載。
タイマーの設定やリモコン操作が必要はないのだ。

 

JOBY
グリップタイトゴリラポットスタンド

人に撮ってもらうのが恥ずかしかったりする人向けのアイテム。
三脚部分が自由自在に動かせ、屋外での撮影にはもってこいのカメラスタンドだ。

 

iFlash(アイフラッシュ)

スマホケース本体にLEDライトが内臓された自撮りアイテム。
夜はなかなか写真がキレイに映らないものだが、そんな時に便利。
何もしないでスマホだけのライトで撮った写真と比べると雲泥の差に、マツコさんは驚く。

 

大ブーム到来!自撮りアプリ

SNOW(スノー)

自分自身の顔をコアラや犬クマなどの動物や、ハンバーガーやアイスなど食べ物と合成できる自撮りアプリ。

自動的に目を大きくしたり、肌の入りをキレイにしたり勝手に加工してくれる。

また、友達と顔を入れ替えることもできる。

同じようなアプリに、マスカレード(MSQRD)もあるがこちらも大人気のアプリ。
マツコさん「すごい面白い!」「ダウンロードしようかな。」と大絶賛。


撮りに興味がなかったが興味を持ってしまうほど興味深い、そんな話題だった。

他にも写真を楽しむアプリが気になる方、もしよろしければ合わせてどうぞ。

写真が100倍楽しめる3つの最新アプリ。オドレター、マスカレード、マイ・ゼット・エックス・フラックスとは|スクール革命!
5月15日の「スクール革命 」から、写真が100倍楽しめる面白いアプリ3つのご紹介。 オドレター:世界初!?自分の写真が踊るアプリ 「オドレター」という、なんと写真が踊るこのアプリ。 アプリを起動し、人形の枠に合わせて写真を撮影。 ロックやジャズ、ヒップホップなど、24パターンあるダンスの振り付けから好きなものを選択する。 すると、6秒間の踊る動画を作ることができるというもの。 作ったダンス動画に簡単なメッセージを添えてLINEなどで送ることもできる。 みんなで盛り上がる時に一役かってくれそうなアプリだ。 マスカレード:顔を認識して、特殊メークができるアプリ 「MSQRD(マスカレード)」という、顔を認識して、特殊メークができるこのアプリ。 今若い世代で大人気のようだ。 アプリを起動して、顔を映すことで、リアルタイムで約30パターンの特殊メークができ、猿顔風や、ゾンビ風、目から光線などかなりクオリティが高い。 さらに、面白い機能も搭載。 なんと、2人の顔を映して、顔を入れ替えることもできる。 以前、マツコ会議でマツコさんもこのアプリを使ってかなり盛り上がっていた。 マイ・ゼット・エックス・フラックス: スマホ写真でオリジナルのスニーカーが作れるアプリ 「mi ZX Flux(マイ・ゼット・エックス・フラックス)」という、靴の表面に自分の好きな写真をはめ込んでデザインすることができるこのアプリ。 さらにデザインしたスニーカーは、実際にアディダスが作ってくれるという驚きのサービス。 操作は簡単で、アプリを起動し、好きな写真を好きなように当てはめるだけで、靴をデザインが完成。 デザインしたスニーカーは、発注後、約4週間で届くそうだ。 大好きな食べ物だったり、風景の写真でデザインして、世界に一つだけのスニーカーを作ってみてはいかがだろうか。 きっと、みんなの注目を集めることは間違いないだろう。 また、以前同番組では、着せ替えできる靴「ジョニー&ジェシー」や映像を映し出す靴「シフトウェア」を紹介していた。 気になる方は、もしよければどうぞ。 今すぐ試してみたくなる、そんな面白いアプリの話題だった。

 


 - テレビ , , , , , , , ,