美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

2016年に食べるそうめんは大古物の”2013年モノ”が一番美味しい!|林先生が驚く初耳学

   


7月24日の「林先生が驚く初耳学」から、素麺(そうめん)を美味しく食べるための豆知識についてご紹介。

食欲もなくなってしまうこの暑い時期、冷たくツルっと食べられる素麺を食べる機会が多いのではないだろうか。

そんな素麺に関して、今年食べるなら一番美味しく食べられる年代モノがあるという。

今年(2016年)最も美味しい素麺の年代モノ?!

今年(2016年)に最も美味しいとされる素麺は、”2013年に作られた年代モノが一番美味しい“という。

実際に、2013年モノの素麺と、今年作られた素麺を食べ比べた千原ジュニアさん。

全然違う!」「コシが凄いし!」と大絶賛。

他の試食したゲストもその味の違いに驚いていた。

なぜ、2013年モノが美味しい?

素麺と言えば、手延べ素麺だが、昔から冬(11月~2月)に作られるものが一番美味しいと言われているそう。

なぜなら水も冷たく、雨も少ないため天日で乾燥するにはうってつけで美味しい素麺ができるそうだ。

そうしてつくられた素麺は、貯蔵の工程に入る。

貯蔵された素麺は、時を経て夏がくると気温が上がり発酵し熟成、さらに時を経て冬を超え、1年間寝かせた素麺を”古物(ひねもの)”というそうだ。

さらに、もう1年寝かせたものを”大古物(ひねもの)”といい、この大古物の素麺が一番美味しいとされるそう。

しかし、時間が経てばどんどん美味しくなるというかとそうではなく、それ以上寝かすと味が落ちてしまうそうだ。

そのため、今年(2016年)は、2013年の冬に作られた素麺が大古物(おおひねもの)にあたり、一番美味しく食べられるというのだ。


素麺を食べる時に知っていると少し得をしそうな、そんな話題だった。

古物の素麺があったので、試したくなった方はチェックしてみてはいかがだろうか。


 - テレビ , , ,