美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

大石参月さんの3つの婚活テク!結果を出した”呼び止めバイバイ”とは|愛され女と独身有田

      2016/08/02


7月19日の日本テレビ「愛され女と独身有田」から、人気モデルの”大石参月”さんの3つの婚活テクをご紹介。

2004年、ミスセブンティーングランプリを受賞し、モデルデビュー。
現在はAneCan専属モデルで、モデルとして絶大な人気を誇る”大石参月さん。

そんな大石さんは、昨年、高校の同級生の旦那さんと交際10年を経て見事ご結婚。

人気モデルが教える婚活テクはどんなものだろうか。

出会いから結婚まで

出会いは大石さんが中学3年の時、テニスの大会。

それ以来、大石さんから、今の旦那さんに何十回と告白したそう。

しかしそれが実らず、高校3年生になった時もうあきらめようと、他の男性とも会うようにしたそうだ。

それを聞きつけた、今の旦那さんが「俺と付き合うんじゃないの?」と急に態度を変えたそう。

そういうことがあっても絶対断ってやろうと考えていた大石さんだが、「お願いします!」と即返事をし付き合うことに。

その後、大石さんはすぐ東京に上京し、それから9年半くらい遠距離恋愛だったそうだ。

そうして付き合っていき、アメリカL.A.に年越旅行に友人を含め行った際に、プロポーズされたそう。
それまでは、プロポーズで泣く意味が分からなかったそうだが、途中から自然と涙が溢れだし最後には号泣したという。

トントン拍子にも見えるが、長い間、遠距離恋愛を続けるという、精神的に強くないと続かないのではと感じた。

 

そんな大石さんの3つの婚活テク

①”イェーイ”で見極めろ!

長く付き合うには、一緒にいて楽しい、つまり些細な事でも楽しくノってくれる男性を選ぶことが大事だそう。

その方法が正解かは分からないが、男性を見極める1つの手段としては、アリなのかもしれない。

 

②”フレームイン”でキュンとさせろ!

男性の背後や側面など、男性の視界の外から、急に視界に入り込むというもの。

ビックリするドキドキが恋のドキドキと錯覚してしまう、あの吊り橋効果を狙ったもので、意外と効果的なのかもしれない。

 

③”呼び止めバイバイ”でトドメを刺せ!

パーティーなどで話を終え「ありがとうございました。」と一度挨拶した後、2歩ほど歩いて改めて男性の名前を付けて「ありがとうございました。」などと呼び止めて去り際の挨拶をするというもの。

さりげなく好意を伝えられ、伝えられた側もそれを感じ、次につながりやすくなるかもしれない。

婚活テク実践

それでは、この婚活テクを、婚活パーティーで実践!
実践するのは「自信が持てず好きな人の前では素直になれない25歳女性の東さん」。

婚活テク① ”イェーイ”で見極めろ!を実践

東さんは1対1の自己紹介タイムで、男性に自己紹介をした後「イェーイ!」と言って実践。
イェーイ!」と一緒にノってくれる男性もいたが、「なんすか、そのノリ?」と苦笑いでイマイチな反応を示す男性も。

成果:
ノリがいいというか、相手に合わせてくれる男性を見極めるには一定の効果があるのではないだろうか。
実際、東さんはここでノリがよかった男性にこの後絞ることができたようだ。

 

婚活テク② ”フレームイン”でキュンとさせろ!を実践

立食形式のフリータイムになり、男性に話かける際、突然「何話してるんですか?」と男性の横からフレームインする東さん。
大概の男性は「ビックリした!」と少し、驚いていた。

成果:
ビックリはするものの、男性がアプローチするものだと思っていたところに女性から積極的に話しかけに来てくれて嬉しかった、好印象を抱く男性も。

狙いどおりの男性の感想から、意外と効果的なのではと思わせる結果に。

 

婚活テク③ ”呼び止めバイバイ”でトドメを刺せ!を実践

最後のティータイム、一番気になる男性と2人で会話を楽しむ東さん。

ティータイム終了のアナウンスの後、お互いに「ありがとうございました。」とお別れ。
しかし、2歩ほど歩いた後、改めて「xx(男性の苗字)さん、また是非!ありがとうございました。」と、呼び止めバイバイをし、トドメを刺す東さん。

成果:
これは、マッチング結果にて。

婚活テクの実践結果

いよいよ、気になる相手とのマッチングタイムへ。
マッチング方法は、女性が閉じられたカーテンの前に立ち、開けられたカーテンの向こうに気になる男性がいれば見事成功。
マッチング結果の発表前に、東さんは「若干の期待感と大きい不安とドキドキ…な感じです。」と、緊張したご様子。

カーテンがオープン!結果は…

マッチング成功!

マッチングした男性に決め手を伺ったところ、
一番嬉しかったのが、僕の名前を言ってくれて手を振ってくれたので、惚れちゃうじゃないですけど、そういう感じになりました。」との回答。

なんと、「”呼び止めバイバイ”でトドメを刺せ!」が功を奏したようだ。

東さんに婚活テクの中で、一番やりづらかったのはと伺うと、「”フレームイン”でキュンとさせろ!」だったようだ。
たしかにビックリしていた男性のリアクションを見ると不快感を与えかねず、吊り橋効果を狙うにせよ実践は難しいかもしれない。


婚活テクは向き不向きがあるものだ思うが、今回は見事成功という結果となり、結果を出せた婚活テクだった。

森三中の村上さんの幸せを掴む婚活テクも以前こちらでご紹介。
村上さんらしい面白いながらも、ためになる婚活テクなのだが…
もしよろしければ、ご一緒にどうぞ。


 - テレビ , , ,