美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

本日のよく読まれているページ

Sorry. No data so far.

“ウタモノラップ”ブームの到来!その魅力とは|ZIP!

      2016/07/16


7月15日の「ZIP!」から、ラップの再ブーム到来の話題についてご紹介。

ラップとはメロディーを付けずに韻を踏みながらリズムを付け歌う歌唱法。

今は、これは歌なのか、ラップなのかというような、今までメロディーが付いていなかったラップにメロディーが付いた”ウタモノラップ”。

新人天才歌手として大注目の、ぼくのりりっくぼうよみや、お笑い芸人のオリラジが出したパーフェクトヒューマンなど、そんなウタモノラップのブームが到来している。

また、一般の人でもラップをはじめるなど、見るものから、やるものに変化を遂げ、浸透しているようだ。

ラップが日本で流行ったキッカケ

そもそも、ラップが日本に広まったキッカケの一つは、アメリカのストリートカルチャーを描いた映画「ワイルド・スタイル」だという。

そうしてラップが日本に広まり、日本でローカライズされたラップを歌う日本人ラッパーも人気となっていったそう。

色んなラップが生まれてきたなかでも、今一番盛り上がりはじめているのが”ウタモノラップ”だという。

女性にも広がるラップ

DAOKOさん、水曜日のカンパネラさんなど、女性でもウタモノラップを歌う歌手が人気となっているという。

若い世代が生み出したウタモノラップは、音楽チャートを席巻しているようだ。

その魅力は?

楽器がなくても、だれでもすぐにはじめられるのがラップ。

ぼくりりさんは、多くの若者があげているラップ動画をみて、自分でもはじめめられるんだと思ったという。
あまりラップを聞いて育ったわけではなく、普通の歌を聞いて育ち、そんな前の効いてきた歌が自分を形成しているそうだ。
メッセージをより多く詰め込め、表現が柔軟にできるラップ。

そんなぼくりりさんの歌詞の文字数は多く、ラップであれば歌詞、メッセージをより多く詰め込むことが出来、表現が柔軟に出来るのも魅力の一つのようだ。


後、ラップ人気は益々広がり身近なものになって行く予感がするそんな話題だった。


 - テレビ , ,