美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

表情筋を鍛えて若返り!顔のむくみとりと若返りの”舌スイングエクササイズ”!|林先生が驚く初耳学

   


6月26日の「林先生が驚く初耳学」から、表情筋を鍛えて顔のむくみをとるためのエクササイズ方法についてご紹介。

日本人はとにかく顔がむくみやすいという。

それは、日本人がしゃべる日本語に秘密があった。

むくみとは、不要な水分や老廃物が顔にたまって起こってしまう現象だそう。

これを解消するには、顔の筋肉を動かしたりして顔の老廃物を流すのが重要だという。

実は、日本語を話していても、表情筋の約20%しか使えていないそうだ。
日本語は、ほとんどくちびるや舌を使わなくても通じてしまうからだという。
これは、世界の主な言語の中でも最低レベルだそう。

方や、アメリカで話す英語では60%、ドイツで話すドイツ語ではなんと80%も表情筋を使うそうだ。

それでは、ドイツ語を話せなくても大丈夫な、表情筋のエクササイズ方法はこちら。

舌スイングエクササイズ

この方法を紹介してくた歯科医師の宝田先生は、このエクササイズを15年間日々実践しているといい、お歳が60歳にも関わらず、その見た目はかなり若くおキレイ。

先生の外見から、実際に効果が期待できると思えてしまう。

舌スイングエクササイズの方法

・両手を胸の前でクロスさせ、左胸に右手、右胸に左手をくっつける。

・上を向き、舌をめいっぱい突き出す。

・目(視線)と一緒に、舌を左右に動かし、スイングさせる。

・これを左右に8回行う。

このエクササイズを、1日3セット行うといいそうだ。

このエクササイズにより、日ごろ使わない、口輪筋、眼輪筋、広頚筋などを鍛えることができ、顔のむくみとりや、若返りの効果が期待できるそうだ。


簡単にできるエクササイズなので、日々やってみようと思わせてくれる、そんな話題だった。


 - テレビ, 美容 , , ,