美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

“プリプリ”、”~の声が上がっている”。菊池風磨さんの流行中の新語とは|しゃべくり007

      2016/08/22


6月20日の「しゃべくり007」から、ジャニーズのグループSexyZoneの菊池風磨さんが通う、慶応義塾大学で流行っている言葉についてご紹介。

ジャニーズのグループのSexyZoneは、特に若い女性の間で人気のグループ。

その人気グループに属す、菊池風磨さんは慶応義塾大学という名門校に通う現役大学生であり、ジャニーズ事務所に所属している。

そんな、文武両道の菊池さんが同大学の新語ゼミを開いてくれた。

これは、これからの流行語、新語となりえる言葉ではなるのだろうか。

新語

“プリプリ”、”プリッと”

“~説”

“~の声が上がっている”

“ワンチャン”

“まるい”

“社長”

“名門”

“~義塾大 首席で卒業”

という言葉が上がっていたが、その中でも気になる“プリプリ”“~の声が上がっている”とは一体どんな使い方をするのだろうか。

“プリプリ”、”プリッと”

使い方はこんな感じだそう。

放課後に「プリッと、ボウリング行こうよ!」と友達に話しかける。

友達は「プリプリ~!」と、IKKOさんの「どんだけ~」のような人差し指を立てて、横に振りながら同意をする時に使うようだ。

ここで考える。

なぜ、プリプリなのか。

プリプリという響きが確かにカワイイ。
“サクッ”と、や”ガッツリ”など、物事に対する程度を表す言葉はあっても、かわいさをあわせ持った言葉はあまりなかったのではないのかと。

“~の声が上がっている”

お次は、最も気になるこれ”~の声が上がっている”の使い方。

使い方はこんな感じだそう。

例えば、友達と2人でいたとする。

飯でも食べに行く?」と友達が言ってきた。

自分は、とても焼き肉を食べに行きたい。

そんな時に「各所から、焼き肉の声上がってるよね!

と、その願望をあたかも周りが要望しているような誇張をする時に使うようだ。

他の言葉の使い方も気になる所だが、菊池さんが紹介していたのはこの2つだった。

ワンチャンは、以前からも大学生の間では親しまれた使い方をしているのであれば皆さんご存じだろう。
そうだとしたら、もちろん、犬さんのことではなく、ワンチャンスの略語なのだろう。


他の言葉についてもどんな使い方をするのか、また違う使い方から進化を遂げていく言葉になるかも知れない、そんな感じがした話題だった。

今、女子高生の間でも流行している言葉も以前こちらでご紹介。

”PK”、”卍”、”ぎゃんかわ”、”ぱちょる”などなど。。。

気になった方は、もしよろしければどうぞ。


 - エンタメ, テレビ , , , ,