美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

虫歯にならない人とは?!唾液腺のマッサージで唾液を増やせ!|この差って何ですか?

   


6月12日に放送された「この差って何ですか?」では、虫歯になる人とならない人の差について。

日本大学歯学部教授 宮崎教授が解説した。

虫歯のメカニズム

口の中には、500種類以上の細菌がいる。虫歯菌は、ミュータンス菌と呼ばれ、口の中の食べ残しを食べてしまう。食べると酸を出して歯を溶かしてしまう。

溶かすことで虫歯になるというメカニズムだという。さらに虫歯になる原因は大きく2つある。

①3歳までに家族から虫歯菌が移ったかどうか。

食器などで感染。虫歯菌が赤ん坊に移ってしまう。3歳までに定着する細菌が決まる。それ以降、新しい菌を入れないというのだ。

②よく噛んで食事をしているか。

唾液は、抗菌作用があり、さらには虫歯菌を洗い流してくれるといのだ。

唾液分泌量低下チェック方法

①柔らかい食べ物が好き
②人前で話すことが多い
③口を開けて寝ている
④花粉症や鼻炎である

唾液の量を増やす方法!

唾液腺のマッサージ方法を紹介した。

口を閉じて円を描くように10回マッサージをするだけ。

食事前にマッサージすると、抗菌作用や、虫歯を押し流すことが出来、虫歯予防につながるという。

虫歯になったら最悪ですが、歯磨きと合わせてしっかり唾液マッサージするといいかもですね!


 - テレビ, 医学 , ,