美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

本日のよく読まれているページ

Sorry. No data so far.

着なくなった服。ネットフリマアプリ”メルカリ”、”FRIL”で活用術|めざましテレビ

   


6月7日の「めざましテレビ」から、着なくなった服や、使わなくなったものを活用できるネットフリマアプリ”メルカリ”、”FRIL”で活用する術についてご紹介。

着なくなった服、使わなくなったものをどうしているだろうか。

番組では、着なくなった服のその後について、街角で10代~20代の女性に聞いてみた。

3位 捨てる
2位 あげる
1位 ネットフリマで売る

ネットフリマとは、アプリをダウンロードし起動することで、ネット上で個人同士がモノを売り買いできるもの。

そう、今やネットのフリーマーケットを使って、活用するのが若い世代の間では常識のようだ。

それでは、服はどのくらいで処分するかという質問には。

3位 1シーズン
2位 2~3年
1位 3年以内

と、短いサイクルで服を替えていて、ネットフリマ市場が活性化することもうなづける。

そんな、着なくなった服を売ったり買ったりして活用できる、代表的なネットフリマアプリの賢い利用術はこちら。

ネットフリマで売る

ネットフリマの出品方法

出品の手順① 商品をスマホで撮影

商品をスマホなどで撮影し、画像を出品ページにアップ。

出品の手順② タイトルや商品の状態の入力

タイトルや、商品の状態など必要な情報を入力。

5分程度でできてしまうという。

あとは、出品時に設定した価格で希望者が入札するとその時点で取引が成立、取引が成立したら商品の発送を行うようだ。

着なくなった服を売ったお金で、次のほしいアイテムの資金にあてられるのも魅力だそう。

高価で売れる?!

古着店で買い取ってくれるところもあるが、ネットフリマを利用する人は売価の違いによりネットフリマを利用するという。

それでは、古着店で売るのとどちらが高く売れるのだろうか。
(とある古着店の場合。)

商品① スカート
毛玉があると商品説明に記載されているスカート。

古着店 30円
ネットフリマ 300円

なんと、10倍もの価格差。

商品② ワンピース
低価格帯のブランドで、シワはあるというワンピース。

古着店 100円
ネットフリマ 999円

なんと、約10倍もの価格差。

商品③ コート
ミリタリー調のコート。

古着店 800円
ネットフリマ 1999円

なんと、2倍以上もの価格差。

商品④ デニムのワイドパンツ

古着店 500円
ネットフリマ 4700円

なんと、約10倍もの価格差。

モノによってはその価格は変わるとは思うものの、ネットフリマは高く売れ魅力的だ。

ネットフリマで高く売れるものは、いずれも商品説明がしっかり書いてあり、商品の写真も着用イメージなどがあるなど購入者に魅力が伝わるような工夫が見てとれた。

希望の価格で売るには、そのようなコツが必要なのだろうか。

ネットフリマで買う

もちろん、買うこともできるネットフリマ。

欲しいものが、お店に行かずに格安で手に入れることができる。

しかし、実物を見ないで買うため、トラブルが心配。

そんな心配に、最大手のメルカリでは、一般的なネットオークションとは異なり、運営側が間に入り問題の解決をサポートするという。

また、お金の支払いも購入者は運営側に支払い、出品者へと手続きを代行してくれるそう。


いらないものを活用したいと思っていた方には、耳寄りなネットフリマの活用術の話題だった。


 - テレビ, ファッション , , , , , , ,