美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

ずっしりもっちり”ペリカン”のパン。一度食べるとやみつきになるその秘密とは。デリバリーも|WBS

   


6月3日の「ワールドビジネスサテライト」から、行列ができるずっしりもっちりのパンとその秘密についてご紹介。

東京浅草に店を構える老舗のベーカリー、その名も”ペリカン“。

毎週土曜日には、30人ほどの行列ができるそうで、お昼前に売り切れてしまうことも。

そこで売られているのは、一見普通の食パンとロールパン。

しかし、一般的なパンとは一線を画す、ずっしりもっちりとしたパンだという。

老舗のベーカリー”ペリカン”

bread_wb出典:http://www.bakerpelican.com/index.html

お店情報は、こちらからどうぞ。
ペリカンHP

※せっかく行ったのに売切れ、ということがないように、予約やデリバリーサービスもあるようだ。

人気のパンが生まれた秘密

人気のパンが生まれたのは、60年前のある決断が、他とは違うパン作りにつながったという。

一般的なベーカリーは、色んな種類のパンや菓子パンが並んでいると思う。

しかし、ペリカンの初代店長はそんな菓子パン競争には背を向け、食パンとロールパンのみのベーカリーとしたそうだ。

4代目が語る、初代が残したというこんな言葉からそのワケが読みとれる。
もし自分に10の力があるなら、それで100をつくるよりも、1つに集中させることでより良いものができる。

そうしてこだわりを持ってできたパンは、生地がしっかりしていて、目が詰まっているため、ずっしりもっちりとしている。

これは、生地をあまり膨らまさないで焼くことで、密度が高く中が詰まったパンに仕上げるからだそう。

本当にずっしり

ずっしりというものの、ではどのくらいなのだろうか。

番組では、ペリカンの食パンと、実際にスーパーで売られている同じサイズの食パンと比べたところこんな違いが。

スーパーのもの:重さ 352g
ペリカンのもの:重さ 411g

と、その差はペリカンのものが約60gも重く、割合で言えば約17%も違いがあった

生地作りの秘密

ペリカンのパンの生地は、薄く延ばしても破れないほどの弾力で、これがもっちりの秘密のようだ。

そんな生地を作るために毎日気にしているのは、気温。

気温が涼しいと、水は少なめに、イースト菌は多めにするなど、気温によって毎日配合を微調整をしているそうだ。

こうして、ずっしりとした密度と、もっちりとした弾力があるパンが出来上がる。

ペリカンのパンを扱うお店

ペリカンのパンは、浅草界隈を中心に約50店の飲食店がつかっているそう。
例えばこちらのお店。

FEBRUARY CAFE(フェブラリーカフェ)

浅草にある人気のカフェ。
ペリカンのパンを目当てに来店する人も多いようで、食べたお客さんは「すごくソフトで、きめが細かい感じがする。でもしつこくない。」とその美味しさを語った。

お店情報は、こちらからどうぞ。
フェブラリーカフェHP


食べごたえがありそうな、ずっしりもっちりのパン。
明日にでも食べてみたくなる、そんな話題だった。


 - グルメ, テレビ, 地域 , , , ,