美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

平均IQ160~170!エリートが育つ聖徳学園小学校の英才教育とは(パート2)|めざましテレビ

      2016/10/15


6月2日の「めざましテレビ」から、先週から引き続き、エリートが育つ聖徳学園小学校の英才教育についてご紹介。

聖徳学園小学校は、5・6年生の平均IQ(知能指数)が、なんと160~170のエリート小学生が集まる。

※IQは100が平均値で、120以上だと優秀だとされる数値。

そんな小学校の天才が育つ英才教育とは、どんなものなのだろうか。

学校には、Hey! Say! JUMP伊野尾さんが潜入。
先週は、伊野尾さんが解けない同校独特のユニークな数学の問題をあっさり解くなど、その実力は凄かった。

IQを伸ばす授業の秘密 知能訓練

1年生~4年生の間、パズルやクロスワードなどで知能を鍛える訓練が行われているという。

見通し立体パズル

この日は、”見通し立体パズル”が行われていた。
6つの違う形のブロックを組み合わて、完成図と同じ形を作る課題。

どのピースを組み合わせればいいかということを想像・推理することで、何がどこにあるかを素早く正確に把握する”空間認識能力”を鍛えるという。

伊野尾さんが挑戦するも、難しく、できない。

早く解くコツは、あらかじめ完成形に使われている小さな立方体の数を数えておき、その数と同じになるように使うピースの候補を絞ることだそう。

言葉の転換遊び

他にも、”言葉の転換遊び”という課題も。
お題の言葉の前後に文字を足し、意味の違う別の言葉を作るというもの。

最適なニュアンスの言葉を素早く思いついて、発言する力を向上させる効果を期待したものだという。

この日のお題は、”かさ”。

とある生徒の回答を見てみると、こちらの8つの言葉を作っていた。

からかさおばけ、カサブランカ、佳作、加算、重なり、でかさ、火災、火災保険

小学生ではあまり使わない言葉も出てきており、言葉を知っていることが伺える。

知能訓練の意図

ではなぜ知能訓練を行うのだろうか、校長先生は語る。
勉強をするのであれば、考える力をよくしておいた後に勉強した方がより効率的。
なるべく年齢が低いうちに、その考える力を養うため、授業にとりいれているそうだ。

実際に、本来2年生で習う掛け算を、同校では1年生で習うそう。

IQを伸ばす授業の秘密 百人一首

同校では毎年1月に開催されるという、百人一首大会。

マンガや映画などの”ちはやふる”でも注目されている百人一首だが、記憶力や集中力を養うために行われているという。

当然、上の句、下の句を覚えているのは当たり前で、さらに小学生とは思えない視点で、どんな句が好きか、その理由を淡々と語る。

IQを伸ばす授業の秘密 クラブ活動

放課後には、クラブ活動として動く鉄道模型を使い、鉄道の運転を模擬的に体験していた。

ここにも、生徒たちの凄さが現れた。

普通は、電車を運転するところに集まり、その取り合いになるかと思うのではないだろうか。

しかし、電車を運転する係の他、電車でアナウンスをする係、発車メロディーをピアノで演奏する係など、各々の役割を持ち、そのチームワークも抜群。


エリート小学校は、遊びなど興味を持つことを通じて、能動的に考える力を養うことを大切にしている印象を受けた、そんな話題だった。

天才小学校の話題だったが、天才幼稚園についてはこちらでご紹介!

平均IQ120!スーパーキッズが育つ東京いずみ幼稚園の英才教育|めざましテレビ
9月22日の「めざましテレビ」から、平均IQ120のスーパーキッズが育つ「東京いずみ幼稚園」の英才教育についてご紹介。 東京都足立区にある「東京いずみ幼稚園」を卒園した小1~小3の平均IQ(知能指数)は、なんと120以上だという。 ※IQは100が平均値で、120以上だと優秀だとされる数値。 さらに、ほぼ全員が卒園までにクロールで15mを泳げるようになり、絶対音感まで併せ持つというスーパーキッズを育てる幼稚園。 驚くべきは、選ばれた園児だけなのかというとそうではなく、入園するのに試験はない。 そのため、定員140人に対し、倍の280人が入園希望するという。 そんなスーパーキッズが育つ英才教育とは、どんなものなのだろうか。 幼稚園には、Hey!Say!JUMP伊野尾さんが潜入し、その秘密に迫った。 出典:東京いずみ幼稚園 早速、園内の幼稚園生の下駄箱をみると、園児の名前は全て漢字で書かれていた。 また、クラスの名前も全て「蒲公英(たんぽぽ)」「薔薇(ばら)」など漢字表記。 さらに、壁には、睦月(1月)、如月(2月)など陰暦が掲示されており、園児は易々と読むことができた。 日頃から漢字に接することで、苦手意識を覚えずに自然と覚えることができるようになっているのだろうか。 1日のスケジュール ここで、「東京いずみ幼稚園」のとある日のスケジュールをご紹介。 10:00~ 朝礼 10:20~ 立腰瞑想、フラッシュカード、論語、朝の歌、あいさつ 10:45~ プール 11:45~ アイデアマラソン 12:00~ 昼食 12:30~ ミュージックステップ 13:15~ 歌の合同練習 13:45~ 降園 園児を飽きさせない為、分刻みのスケジュールとなっているのが分かる。 IQを伸ばす秘密 立腰瞑想 この日は敬老の日も近いということで、園児の祖父母が授業参観に来ていた。 ここで園児たちは、正座し目をつぶり瞑想をはじめた。 これは、「立腰瞑想(りつようめいそう)」というもので、子供の聞く力を十二分に発揮させるため、毎日教室での授業の冒頭に3分間瞑想をするという。 瞑想している間、周りの祖父母を見る園児はだれもおらず、その集中力は驚かされるものだった。 IQを伸ばす秘密 漢字

立体パズル、脳トレのため大人の方も挑戦してみてはいかがだろうか。


 - テレビ , , , ,