美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

本日のよく読まれているページ

Sorry. No data so far.

マツコさん北品川駅周辺を徘徊。お気に入りの古本屋&カフェ。苦手な”チョコから”に出会う|夜の巷を徘徊する

      2016/05/29


5月27日の「夜の巷を徘徊する」から、マツコさんが北品川駅周辺を徘徊した様子をご紹介。
2週にわたり、旧東海道の北品川周辺を徘徊するマツコさん。

前回は、北品川商店街徘徊し、お茶屋に海苔が売ってある謎に迫った。
今回も引き続き北品川駅周辺を徘徊し、苦手な食べ物と、お気に入りの古本屋&カフェに出会ったマツコさん。

マツコさんの苦手な”チョコから!?”

早速マツコさんは、開店準備中の唐揚げ屋さん「ほっちゃん」に立ち寄った。
オープンに向け、お店やメニューを作り上げているところ。

そこでおススメされたのは、試作品の”チョコから“。
なんとこれ、手羽先の唐揚げにチョコレートがたっぷりとのった一品。

その正体を知った「ごめんなさい、いらない。」とバッサリ。

しかし、マツコさんはにおいを確認し「うわー、これ無理ー。」「唐揚げの油のにおいがしっかりしてるのよ。」と言いながらも一口。

感想はというと、「食べられなくはない。」「ただ、美味くはない。」と、微妙な反応。

別の手羽唐のハニーマスタード味を食べると「これは美味しいよー。」と、唐揚げ自体はとても美味しいようだ。

「チョコ隠してよ。」と、アドバイスをしてお店を後にしたマツコさんだった。

後日、めでたくオープンしたお店を訪ねてみたところ、「チョコからやめなさい、って言われたんだけど、辞めろって言われるとやりたくなっちゃって。」と店主。
そう。チョコからを売っていた。

もしかしたら意外なその味は、人気がでるかもしれない。

マツコさんお気に入り! 古本屋&カフェ。

お次にマツコさんが向かったのは、”KAIDO books&coffee“。
まだオープンして間もない、2階建ての古本屋&カフェ。

SONY DSC出典:http://www.k-shina.com/shop167.html

この日は残念なことに、お店はガラーンとしていた。
「やりたいことと儲かることって難しいわよね。」と、言いながらお店を応援したくなったマツコさん。

コーヒーを入れてもらい飲んでみると、とても美味しいコーヒーなようだ。

カフェでゆっくりするには、ちょっと簡易的すぎるイスや机。
それを見たマツコさんは、「カフェとしての機能をもっと充実させたら?」とアドバイス。

そんな店主は、浅草で人力車の車夫をやっていたそうだ。
その後、結婚を機にサラリーマンを経て、本を読んでいたら本が大好きになったそう。
そうして、お店を開くに至ったという。

お店の2階に行ってみるマツコさん。
机とイスが置いてあり、本が壁一面に収納され、落ち着きそうな雰囲気。

置いてある本は、旅をテーマに日本全国の本を置いているそうだ。

コーヒー代を出せば、好きなだけいることもでき、中には1日中いる人もいるという。

利益は度外視で、本当に本が好きで経営をされているのだろう。

そんな沢山の本の中、店主の最近のおススメは長野県飯田市。

日本一の焼き肉街があり、店主も行ったことがあるという。
何が日本一なのかというと、人口あたりの焼き肉店の数が多いそうで、お店の絶対数が日本一というわけではないようだ。

また、マツコさんもその特殊な地形を見に行ったことがあるそうだ。

長野県飯田市に行く機会があった際は、地形を見て、焼き肉を食べに行きたくなる情報だ。

そうして、お店を後にしたマツコさん。
去り際に、この店主のことを「めちゃくちゃいいヤツ。」「うちの事務所に入れたい。」「マネージャーに。」と、とても気に行ったご様子だった。

お店情報
住所:東京都品川区北品川北品川2-3-7 丸屋ビル103
URL:http://kaido.tokyo/

カレーハウス ロビンソンクルーソー

次にお店に立ち寄ろうと、ターゲットを発見したマツコさん。
しかし、お店の中を一瞬のぞくも、お店に入るのをやめてしまった。

お店の中には、無言で黙々と食べるお客さんと、調理をしているのかずっとうつむき加減のお店のお母さんがいた。

そんなお店の空気をこわしちゃいけない、切り裂けないという。

最後に、電車に乗っているお客さんに気付いてもらおうと、京急線の踏切で立ち止まり、その様子を楽しんでいたマツコさんだった。


北品川周辺に行く機会がある方は、ぜひマツコさんの足跡をたどってみてはいかがだろうか。


 - エンタメ, テレビ, 地域 , , ,