美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

本日のよく読まれているページ

Sorry. No data so far.

平均IQ160~170!エリートが育つ聖徳学園小学校の英才教育とは(パート1)|めざましテレビ

      2016/12/01


5月26日の「めざましテレビ」から、エリートが育つ聖徳学園小学校の英才教育についてご紹介。

聖徳学園小学校は、5・6年生の平均IQ(知能指数)が、なんと160~170のエリート小学生が集まる。

※IQは100が平均値で、120以上だと優秀だとされる数値。

そんな小学校の天才が育つ英才教育とは、どんなものなのだろうか。

学校には、Hey! Say! JUMP伊野尾さんが潜入。

早速、校舎内には、大会で表彰された時の賞状などがズラリと並ぶ。
やはり、優秀な生徒が多いということなのだろう。

階段の側面には、”地図記号”や”日本の桁の単位(百、千、万など)”、”元素記号”まで書いてある。
机にかじりついて覚えた記憶があるものばかりだ。

単純に覚えようとするだけでは面白くないが、ここでは階段をのぼりながら自然と覚えられるようになっている。

生徒達の柔軟な発想は、こんなユニークなところから生まれてくるのだろう。

IQを伸ばす授業の秘密 数学

小学生なのに、”算数”ではなく”数学”。

本格的なことを学ばせるために、本来は中学校から学ぶ”数学”という呼び方で考える力を養う授業を行っているそうだ。

この日の授業で扱った問題はこちら。

テーマは”地球を脱出”。

問題:
地球に残されたAとBの2人が、今から”14時間以内”に4台の宇宙船を惑星に移動させなければならない。
宇宙船は、地球と惑星間の片道の移動にかかる時間が、それぞれ1時間、2時間、4時間、8時間。
なお、宇宙船は全て定員2人で、1人でも乗れるが、無人での移動はできない。

この状態から。
ucyusenpng

この状態を目指す。
ucyuusen2

伊野尾さんが挑戦したところ16時間かかり、14時間以内の条件が満たせなかった。

しかし、さすがエリート小学生たちは、これを難なく解いてしまう。

答えはこちら。

・Aが1時間、Bが2時間の宇宙船に乗り惑星に行く。
↓(2時間)
・ABが1時間の宇宙船に乗り地球に戻る。
↓(1時間)
・Aが4時間、Bが8時間の宇宙船に乗り惑星に行く。
↓(4時間)
・Aが2時間の宇宙船に乗って地球に戻る。
↓(2時間)
・Aが1時間の宇宙船に乗り換え、惑星に行く。
↓(1時間)
・Bが1時間遅れて、惑星に到着。
↓(1時間)
・ABが1時間の宇宙船に乗り、地球に戻る。
↓(1時間)
・Aが1時間、Bが2時間の宇宙船に乗り、惑星に行く。
↓(2時間)
・ABが惑星に到着。

ポイントは、8時間の移動の時間に並行して、他の宇宙船を移動させるところ。

大人でもかなり考えてしまう問題ではないだろうか。

IQを伸ばす授業の秘密 ゲーム・工作

1・2年生の間だけ学ぶゲーム・工作の授業。

ゲームに勝つための作戦を考えることで、思考力を養う授業。

この日は五目並べをやっていた。

五目並べは、白と黒の碁石を使い、縦横斜めのいずれかに5つの碁石を連続で並べた方が勝ちというもの。

ここでも伊野尾さんはあっさり小学生に負けてしまった。

しかし、なぜこのようなゲーム形式の授業が多いのだろうか。

これからの時代は公式などで溶ける問題はコンピューターがやっていくため、1つの答えだけではないもの、答えが見つからないことを人が担うことを意図し、このようなユニークな授業を行っていると校長先生は語ったそうだ。


エリート小学校は、特に難しいことを授業で行っているというより、自然に、楽しみながら、”ながら”で学ぶというような印象を受けた、そんな話題だった。

聖徳学園小学校には、知能訓練という授業もあるという。
もしよければ、ご一緒にどうぞ。

平均IQ160~170!エリートが育つ聖徳学園小学校の英才教育とは(パート2)|めざましテレビ
6月2日の「めざましテレビ」から、先週から引き続き、エリートが育つ聖徳学園小学校の英才教育についてご紹介。 聖徳学園小学校は、5・6年生の平均IQ(知能指数)が、なんと160~170のエリート小学生が集まる。 ※IQは100が平均値で、120以上だと優秀だとされる数値。 そんな小学校の天才が育つ英才教育とは、どんなものなのだろうか。 学校には、Hey! Say! JUMP伊野尾さんが潜入。 先週は、伊野尾さんが解けない同校独特のユニークな数学の問題をあっさり解くなど、その実力は凄かった。 IQを伸ばす授業の秘密 知能訓練 1年生~4年生の間、パズルやクロスワードなどで知能を鍛える訓練が行われているという。 見通し立体パズル この日は、”見通し立体パズル”が行われていた。 6つの違う形のブロックを組み合わて、完成図と同じ形を作る課題。 どのピースを組み合わせればいいかということを想像・推理することで、何がどこにあるかを素早く正確に把握する”空間認識能力”を鍛えるという。 伊野尾さんが挑戦するも、難しく、できない。 早く解くコツは、あらかじめ完成形に使われている小さな立方体の数を数えておき、その数と同じになるように使うピースの候補を絞ることだそう。 言葉の転換遊び 他にも、”言葉の転換遊び”という課題も。 お題の言葉の前後に文字を足し、意味の違う別の言葉を作るというもの。 最適なニュアンスの言葉を素早く思いついて、発言する力を向上させる効果を期待したものだという。 この日のお題は、”かさ”。 とある生徒の回答を見てみると、こちらの8つの言葉を作っていた。 からかさおばけ、カサブランカ、佳作、加算、重なり、でかさ、火災、火災保険 小学生ではあまり使わない言葉も出てきており、言葉を知っていることが伺える。 知能訓練の意図 ではなぜ知能訓練を行うのだろうか、校長先生は語る。 勉強をするのであれば、考える力をよくしておいた後に勉強した方がより効率的。 なるべく年齢が低いうちに、その考える力を養うため、授業にとりいれているそうだ。 実際に、本来2年生で習う掛け算を、同校では1年生で習うそう。 IQを伸ばす授業の秘密 百人一首 同校では毎年1月に開催されるという、百人一首大会。

 - エンタメ, テレビ , , ,