美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

本日のよく読まれているページ

Sorry. No data so far.

これは意外!眠気覚ましに有効な方法「ラムネ菓子」|ソレダメ!

      2016/05/22


残業や試験勉強の時など、頑張らないといけないが、眠くて眠くて仕方ないときはないだろうか。

そんな時に目を覚まそうと、コーヒーを何杯も飲むのは、体に負担をかける為よくないという。

コーヒーにはカフェインが含まれており、カフェインが心臓や脳に負担をかけてしまうからだ。

では、他に体に負担をかけないで、眠気覚ましにおススメな方法はあるのだろうか。

そんな眠気覚ましの意外な情報について、4月26日の「ソレダメ! あなたの常識は非常識!?」からご紹介。

埼玉医科大学 高度救命救急センターの間藤准教授の解説によると。

そもそも、眠気覚ましに一番簡単な解決法は、血糖をあげること。
それはなぜかというと、眠くなる原因は脳に必要なブドウ糖が減少しているからだという。

ということで、眠気覚ましの意外な方法は、こちら。

眠気覚ましにおススメな意外な方法

ラムネ菓子を食べること。

ラムネ菓子は、原材料の90%以上がブドウ糖でできているそうだ。

ブドウ糖が主原料のラムネ菓子を食べることにより、体にすぐ吸収され血糖が上昇し脳にブドウ糖が送られる。
そうして、脳が活性化し眠気が覚めるそう。

食べる量は、1回に10粒程度を食べるのがおススメ。
また、一般的なラムネは1本で110キロカロリーほどしかないそう。

ラムネ菓子が眠気におススメだとは驚きだ。

さらに、ラムネ菓子が活躍するシチュエーションがあった。

他にも活躍するラムネ菓子

飲み過ぎた次の日、ぼーっとしたりすることはないだろうか。

そんな時にも、ラムネ菓子を食べればそのボーっとを解消に一役かってくれるそうだ。


昔っからある、お手頃なお値段で買い求めることができ、素朴で懐かしい味のラムネ。
今や沢山の色々な種類のお菓子がある中で、食べる機会が少なくなっているのではないだろうか。

あの懐かしい味が恋しくなった、そんな話題だった。


 - エンタメ, テレビ , ,