美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

本日のよく読まれているページ

Sorry. No data so far.

注目の18歳2人組のアイドル。”生ハムと焼きうどん”の3つのスゴイところ|はくがぁる

      2016/05/19


4月24日の「はくがぁる」から、今注目のインディーズアイドル”生ハムと焼きうどん“についてご紹介。

はくがあぁるとは、番組MCの夏目三久さんが、博識女子(はくがぁる)をゲストに博がある話をする女子会。

ゲストのアイドルプロデューサーの”もふくちゃん”が、自分がハマっている人におススメしたいものとして、インディーズアイドル”生ハムと焼きうどん”について触れた。

もふくちゃんは、”でんぱ組.inc”など多くのアイドルを発掘した敏腕プロデューサー。

そんな敏腕Pがおススメしたいアイドル、”生ハムと焼きうどん”とはどんなアイドルなのだろうか。

生ハムと焼きうどん

この春高校を卒業したばっかりの18歳2人組。
メンバーは、”西井 万里那“さんと”東 理沙“さん。

ユニット名が変わっているだけでなく、普通のアイドルと決定的に違うことがある。

普通のアイドルは、プロデューサーがいて、アイドルのライブの曲順やトークの内容までを決定することが多いそうだ。
しかし、生ハムと焼きうどんは、作詞・作曲・衣装・構成など全てセルフプロデュースしているという。

そのため、演出や構成などオリジナリティ溢れる今までにないアイドルということで、注目が集まっているようなのだ。

それでは、そのスゴイところを3つご紹介。

スゴい所① 寸劇が次に歌う曲の前フリになっている

ライブの時には、寸劇が必ず入る。
さらに、客席まで入っていって客イジリまでやる。

いい意味で「アイドルっぽくない」という印象。
今までのアイドルの概念が及ばない演出をやってくれるようだ。

スゴイ所② ライブの時間の使い方が斬新

インディーズのアイドルは対バンが多いそう。
(対バンとは、複数のアイドルが出演するライブの事で、それぞれに出演時間が割り振られていて、一番目立つことを競うもの。)

普通のアイドルだとその割り振られた時間で、何曲歌うかなどを考えるそうで、例えば、10分あったら2曲歌うといった感じだとする。
しかし、生ハムと焼きうどんは、寸劇に8分、曲に2分という斬新な時間配分をするそうだ。

時間配分とその内容でインパクトを与え、他のアイドルよりも目立つことは大いに期待できそうな演出。
自分たちで考えているということにさらに驚かされる。

スゴイ所③ 架空のキャラを演じたりと独自の世界観

ステージ上でわざとケンカしてみたり、ステージ上にお客さんをあげて一緒に曲をやったりなど。

いつも違うライブをやってくるので、次は何をしてくれるんだろうかと、ワクワクしてステージを見るのが楽しみになるという。
SNSの普及がアイドル増加の一因となり、日本ご当地アイドル活性協会によると、東京を除くご当地アイドルは約700組も存在するそうだ。

そんなアイドル飽和状態の中、2人だけで、赤坂BLITZのライブに1000人を集めたという。


これから、ますます活躍が期待される生ハムと焼きうどん。
スゴイところは3つどころかまだまだあるだろうが、実際にその目でスゴイところを見つけて頂きたい。


 - アイドル, エンタメ, テレビ , , ,