美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

本日のよく読まれているページ

Sorry. No data so far.

着やせする洋服の色は黒色ではなかった!|林先生が驚く初耳学

      2016/05/19


これから暑くなってくる季節、薄手の服を着る機会が増えてくるのではないだろうか。

そんな時、着やせするための色を着て少しでもスリムに見せたいと思う方は少なくないだろう。

そこで思い浮かぶのが、着やせする服の色。
もちろん着やせする色と言えば黒色だと思っていたが、実は別の色だという。

そんな、一番着やせする洋服の色について、4月17日の「林先生が驚く初耳学」からご紹介。

着太りして見える色

爽やかな印象を与える白い服だが、膨張色のため大きく太って見えてしまい、着太りして見えてしまうという。

着やせして見える色は黒ではない!?

着やせして見える色について、番組の街角でインタビュー形式で調査したところ、84%の人が最も着やせする色は黒色だと回答した。

しかし、黒色には2つのデメリットがあるそうだ。

黒色のデメリットその①

黒色は、着やせするのではなく、体のラインをそのまま見せてしまう。

黒色は明度が一番低い色のため、背景と比べると、形や輪郭をハッキリ見せてくれるそう。

そのため、痩せて見えるというより、体のラインが際立ち体系がそのまま見えてしまうそうだ。

黒色のデメリットその②

色白で黒色と腕の明暗がはっきり分かれる人が半袖の黒色の洋服を着た場合、黒色い半袖から見える二の腕が目立ち、着やせどころか二の腕が太く見えてしまうそうだ。

最も着やせする色とは

では、最も着やせする色はなんなのだろうか。

最も着やせする色、それは紺色

なぜ紺色の方が痩せて見えるのだろうか。

黒色よりも少し赤みが入った紺は、体の引き締め効果を持ちつつ、肌となじみシルエットをぼやかす効果があるという。

暑い季節、確かに紺色は爽やかに映る色。
さらに着やせするというのであれば、これからの季節大活躍に期待できるのではないだろうか。


衣替えのこの季節、洋服の色に迷っていたら押さえておきたい色のアドバイスになる、そんな話題だった。


 - エンタメ, テレビ, ファッション , , ,