美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

2016年はメロン!スターバックスの限定フラペチーノとその戦略|WBS

      2016/05/19


4月12日の「ワールドビジネスサテライト」から、毎年初夏に発売している新商品フラペチーノの紹介。

本日、スターバックスジャパンの新商品の発表会があったようだ。
それは、スターバックスジャパンが毎年初夏のシーズンに発売している、フラペチーノ。

今年、2016年は、メロン味!

カンタロープ メロン&クリーム フラペチーノ 680円
(4/13 発売)

20160405cantaloupe出典:https://www.starbucks.co.jp/press_release/pr2016-1539.php

販売期間:2016年4月13日 ~ 2016年5月17日 ※なくなり次第終了
(一部店舗を除く)

今までは、このようなラインナップ。

2013年 コーヒーティラミスを使ったフラペチーノ
2014年 バナナを丸ごと1本使ったフラペチーノ
2015年 ヨーグルトのフラペチーノ

なんと、2015年はGW明けには売切れてしまったほど、人気だったようだ。

どんな味?

それでは、今年のフラペチーノどんな味なのだろうか。

メロンの果肉がゴロゴロとしていて食感を楽しめ、濃厚なメロンの甘さ。

使っているメロンは、メキシコ北西部で栽培されているカンタロープと呼ばれるメロンで、日本の品種に近い甘さや香りのようだ。

通常、果肉はかなり長い時間殺菌するそうだが、特殊な技術で短時間でフレッシュさを残す殺菌方法を取り入れた。

この加工を行うのは、長野県にある提携工場。
ここで、1200ボルトの電圧でメロンを殺菌。

一般的な高温加熱殺菌と比べ、メロンの風味が1/10程度しか減らないという。
そのため、メロン本来の風味が楽しめるようだ。

これまでの夏の期間限定商品は、昼には売り切れる店も出るほどの人気だったそう。
今年も食べたければ早めにお店に行くのが吉だろう。

スターバックスジャパンのフラペチーノの役割

そんな、スターバックスジャパンの新商品フラペチーノは、大きな役割を果たしていた。

これらの新商品は日本独自で開発しているそうだが、毎年アメリカ本社から期間限定で販売される商品を提案されるそうだ。

2013年にアメリカで発売された”キャラメルリボン クランチ フラペチーノ”だったそう。
しかし、日本では採用せず、前述のバナナのフラペチーノを採用した。

日本人は季節感を重視するので夏にキャラメルより別のものをとしたそう。

ここ2~3年は、日本で売れたフラペチーノが中国で採用されるなど、世界各国のスタバから注目されているそうだ。

つまり、日本で開発したフラペチーノが、世界へ発信され人気を博しているという。

そんな、スターバックスジャパンは、客を飽きさせないというのが大きなテーマで、とにかく客が驚けば合格だそう。


明日から発売の、カンタロープ メロン&クリーム フラペチーノ。
早速試してみてはいかがだろうか。


 - グルメ, テレビ , , , ,