美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

本日のよく読まれているページ

Sorry. No data so far.

動画撮影にハマる若者と便利なアプリ|めざましテレビ

      2016/05/19


MixChannel(ミックスチャンネル)や、Vine(ヴァイン)というアプリをご存じだろうか。

これらは携帯で撮影した動画を自分で編集し、簡単にSNSへ投稿できるアプリだ。

3月18日の「めざましテレビ」から、そんなアプリを使って動画撮影しSNSへアップすることにはまる若者について調査していた。

SNSへアップ

撮影した動画をSNSへアップしたことがあるか調査したところ、あると答えた30代は12%に対し、10代は84%と世代で大きな差が出たようだ。
(番組調べ。)

大人は、恥ずかしかったりと抵抗がある部分もあるのだろうが、若者にはその抵抗があまりないということなのだろうか。

では、動画をSNSへアップする理由を10代にアンケートした結果は、これ。

1位 みんなに見てもらいたい
2位 思い出づくり
3位 おもしろい

(番組調べ。10代50人にアンケート。)

動画撮影

どうやって動画を撮影しているのだろうか。

撮影した動画を簡単に編集することができ、より面白いものにするアプリがあった。

B612というアプリは、フィルターがたくさん搭載され、撮影するだけでいい雰囲気がでるアプリ。

また、SNAPCHATは、撮った動画の人物の顔に、動物の鼻や耳をつけて動物に変身したり、ゾンビ風にしたりとインパクトを付けたいときに便利。

へんてこカメラは、リアルタイムで人物の顔を認識し変顔がとれ、これも面白い映像がとれると人気のようだ。

さらに、MixChannelなどでそのようにしてとった動画を他の複数の動画と繋ぎ合わせ、1つの動画を作ることができる。

動画をつなぎ合わせることで、さらにユニークな動画となる。

そのようにしてできた映像は、見ていて面白く、以外にもクオリティが高いことに驚かされた。


後で見返した時にも、写真より動画の方が鮮明に思い出が残るメリットはあるのだろう。

SNSへアップするかは別だが、便利なアプリが多くあるので、チャレンジしてみても面白いなと思わせる話題だった。


2016年4月10日 追記

別番組のマツコ会議で、原宿最先端の”ゆめかわ”女子に人気のスマホアプリ”MSQRD(マスカレード)”も人気だったので、あわせてご紹介。


 - エンタメ, テレビ