美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

本日のよく読まれているページ

Sorry. No data so far.

東海道新幹線の駅が6つ!新幹線王国静岡県 は「こだま」を愛する|秘密のケンミンSHOW

      2016/05/20


3月10日に放送された「秘密のケンミンSHOW」は、新幹線王国と呼ばれている静岡について。

新幹線の中でも花形と言えば、大動脈である東海道新幹線。開通50周年となり、東海道新幹線の停車駅が最も多いのは、静岡県。

静岡県は、横に155kmもあり、駅が6つもある。

①熱海駅
②三島駅
③新富士駅
④静岡駅
⑤掛川駅
⑥浜松駅

日本屈指の新幹線王国だ。静岡県民は、新幹線王国として自慢できるか?と聞くと、「特に…。」「全然!」としらけた様子だ。

そんな静岡県民からは、ちょっとした苛立ちがあった。それは…。

苛立つ内容

一番速い「のぞみ」が静岡のどの駅にも停車しない。6つも駅もあるのに、1つも止まらないという。

東海道新幹線は、3種類。

①こだま:東京~大阪 約4時間(各駅停車)
②ひかり:東京~大阪 約3時間
③のぞみ:東京~大阪 約2時間半

再度静岡県民に聞くと、のぞみはない、ひかりも殆ど止まらないから、こだまに乗っていると答えた。

念のため、時刻表を確認しても、やはり「のぞみ」は止まらない。東京駅を出発すると、品川・新横浜・その後、静岡をスルーし、名古屋駅へ。

静岡県民のやさしさ

静岡県民に、のぞみは止まった方がいいのでは?と問うと。

「静岡に止まると、のぞみの良さがなくなる、東京と名古屋がスーといけるのが売りだからね。静岡県民なりの心遣い」

「こだまは自由席でほぼ座れるから好きですよ。」

「新幹線イコールこだまです。」

と「こだま」に対する愛情が深いことがわかった。


 - テレビ, 地域 , ,