美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

本日のよく読まれているページ

Sorry. No data so far.

花粉症をほっておくと抜け毛が増えて薄毛が進む?!花粉症と抜け毛の関係とは|中居正広のミになる図書館

      2016/05/20


これからの季節の大きな悩み、花粉にまつわる話題。

それも、花粉症だけでなく薄毛が気になる方にも要チェックなものだ。

そんな気になる話題について、3月8日の「中居正広のミになる図書館」から紹介。

花粉症と薄毛に関係がある!?

番組にゲスト出演した佐野史郎さんがその悩みを明かした。

佐野さんの悩みは花粉症薄毛にあるそうだが、なんとその2つには関係があった。

なんと、花粉症の症状がでてから何年もその対策をしないと抜け毛が増えるというのだ!

さらに、慢性疲労や動脈硬化、脳機能低下などにもつながりかねないという。

花粉症だけでもつらいのに、抜け毛が進むなんてつらすぎだ。。

では、なぜ関係するのだろうか。

花粉症が引き起こす問題

花粉症というのは、そもそも花粉がきっかけとなり発症する症状だが、その問題は、鼻やのどの奥に慢性的な炎症が知らないうちに起きていることだそう。

その慢性的な炎症の状態というのは、腎臓の上にある”副腎”という臓器の機能が下がっている状態で、副腎が分泌するべき”コルチゾール”というホルモンが、必要なだけ出せなくなっているそうだ。

コルチゾールは、体の中の炎症を抑えたり、ストレスに対抗する役割を持つため、コルチゾールが十分でないと、抜け毛などにつながる危険性があるという。

花粉症対策には

花粉を防ぐためマスクや、花粉症の引き金となる“IgE抗体”の増加を防ぐというスルフォラファンを含む食品もあるので、もしよければ、リンク先を見て頂きたい。

症状がおさまらないなど、花粉症だと甘くみないで病院で適切な治療をうけることも考えたほうがいいだろう。


花粉症の症状が出た方、とても辛い季節だが、対策をしっかりしてのりきっていただきたい。


 - テレビ, 健康 , , ,