美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

何時に何を食べれば効果的!?健康や美容にも有用な時間栄養学とは|林先生が驚く初耳学

      2016/05/20


2月28日の「林先生が驚く初耳学」から、とあるものが入ったスムージーを朝に飲むと肌が老化する?!といった初耳学が紹介されていた。

そんな、食べ物の特性によって何時に何を食べれば効果的なのか、という考え方に注目が集まっているというのだ。

何時に何を食べれば効果的なのかという考え方を、時間栄養学という。

そんな、健康や美容にも有用な時間栄養学から、ある一般的な食材を食べるのに最適な時間帯を紹介。

朝に、卵かけごはんや卵焼きなど食べることは多いと思う。

そんな卵だが、食べるなら晩ご飯がおススメだそう。

必須アミノ酸を多く含み、良質なタンパク源の卵は、消化にも良い晩御飯に食べることで、美容効果やエイジングケアを促す”成長ホルモン”の分泌量をあげることができるとのこと。

豚肉

生姜焼きやとんかつなど、豚肉を食べる機会は多いと思うが、朝昼晩のいつ食べるのが良いのだろうか。

そんな豚肉を食べるなら、朝ご飯がおススメだそう。

豚肉は良質なたんぱく質を豊富に含む、朝食に食べると代謝を司る肝臓を刺激し、日中の代謝をアップさせ肥満予防につながるそうだ。

また、豚肉にはビタミンB1を多く含み、ご飯などに多く含まれる糖を効率よくエネルギーに変えるための栄養素となり、頭の活性化につながるそうだ。

豚肉を朝に食べることで、肥満予防だけでなく、脳の活動を支え1日を快適に過ごすことができるそうだ。


そうは言うものの、あまり気にしすぎて食べても、食を楽しむことができないだろう。
食べたいときに食べるというのも大いにありだと思う。

もし時間栄養学が気になった方は、チェックしてみてはいかがだろうか。


 - グルメ, テレビ, 健康 ,