美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

スローカロリーシュガー・新しい日焼け止め。マラソンにスポーツに|WBS

      2016/05/20


2月28日(日)は、東京マラソンが開催される。
東京マラソンをはじめ、健康志向の高まりで活気があるマラソン業界。

そこに、熱視線を注ぐ思いがけない業界がある。
それは、化粧品や製糖、お菓子業界だ。

2月25日の「WBS」から、そんな思いがけない業界の参入とその商品について紹介。

落ちにくい日焼け止め

日焼け止めを塗るランナーには気になる汗。
そんな汗にも負けない日焼け止めを販売するのは、化粧品大手の資生堂。

汗や水に触れると紫外線をブロックするという新しい技術が搭載されているそう。
含まれている特殊な成分が、汗に触れると反応し肌に膜を形成し、落ちにくくなるという。

紫外線に着目するとあくまで夏に限定されるが、スポーツに視点を移すと使用機会も広がり、そこにビジネスチャンスが潜んでいると資生堂担当者は語った。

スローカロリーシュガー

特殊な砂糖”パラチノース”を含んだスローカロリーシュガーを販売している三井製糖。

スローカロリーシュガーの特徴は、腸内で消化吸収されるスピードが普通の砂糖より遅いことだそう。

つまり、レース前に摂取すれば、レース後半でもエネルギーが持続するという。

砂糖の消費量は、健康志向を背景に減少の一途をたどっているようだが、スポーツや健康に良いランナー向けの砂糖で、新しい需要を掘り起こそうとしているようだ。

ランナーに最適なスポーツようかん

さらに、スローカロリーシュガーを使ったスポーツようかんを販売するのは、羊羹が主力の井村屋。

ランニング中でも片手で食べられるように、パッケージを親指で押すだけで簡単に食べれる羊羹を開発。

抹茶味やフルーツ味など色んな味のスポーツようかんを早期開発を考えているようだ。


マラソンをはじめスポーツをする方には、気になる話題だったのではないだろうか。
マラソン競技に参加される際など、参考になれば幸いだ。


 - グルメ, テレビ, 健康, 美容 , ,