美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

千葉県のスターにして今話題のJAGUARさんとは|月曜から夜ふかし

      2016/05/20


千葉県のロックを志す人はこの人にお世話になっているという、まさに登竜門的存在の人物がいた。

その人物は、過去に爆風スランプのRunnerのベースも担当していた。
気志團の綾小路翔さんから尊敬されている。
嘘か本当かわからないが、その人物が経営していたお店でXJAPANのHIDEさんが働いていた。
など、数々の逸話をもつその人物とは。

2月8日の「月曜から夜ふかし」から、番組のMCである千葉県出身のマツコさんがドンピシャな世代という、その人物について紹介していた。

その人物とは、”JAGUAR”さん。

日本で有名なミュージシャンが周りに集まることもすごいが、その生活や、風貌もまた伝説の域に達している。

それでは、JAGUARさんとはどんな存在なのか。

千葉の有名なミュージシャン

千葉テレビで10年以上続いた伝説の番組「HELLO JAGUAR」。

サイケデリックな映像に「HELLO JAGUARでーす。みんな元気かーい」というJAGUARさんの一声でスタートする。
内容は、全編JAGUARさんの歌と一人しゃべり。
驚くことに、千葉テレビの枠を自ら買い取って放送していたそうだ。

生態と生活拠点

宇宙にあるJAGUAR号という宇宙船に住んでいて、たまに千葉に遊びにくるそうだ。

そんなJAGUARさんが生まれたJAGUAR星は、宇宙の彼方に存在し、太陽よりももっとずっと遠いところにあるそう。

心臓なども存在しないため生きているという考えではなく、地球人の感覚では道端の石ころや岩石、岩山の石のように考えてもらえばいいそうだ。

もちろん寒さも感じないJAGUARさんだが、インタビュー中に「ちょっと寒い」と暖房をつけていた。
しかしこれは、“寒いフリ”をしないと地球に溶け込めないからやっている芝居のようだ。

楽曲

JAGUARさんは2曲歌を披露した。
「エターナルセイバー」「ザ☆ピーナッツ」

曲もさることながら、JAGUARさんのその声はとても繊細で小さいが、聞きようによっては味わい深いと感じてしまう。

そんな楽曲の制作は、JAGUAR号のメインコンピューターで行う。
思いついたフレーズを録音し、ギターやベース、ドラムなど楽器類の演奏もJAGUARさん自身が行い録音する。

好物

好物は、JAGUARさんの特製JAGUARカレー。

ナスや鶏の手羽元が材料で、仕上がりはかなり宇宙的な見た目。
JAGUAR号にあるキッチンで、外食を一切せず、毎日自炊しているそうだ。
ちなみに、カレーの材料を買いに向かった商店街で、サインや写真をねだられるほど老若男女問わず大人気。

趣味

趣味は社交ダンス。
ダンス歴15年で、週に2回先生をJAGUAR号へ招き、プライベートレッスンを受けている。
しかし、プライベートレッスンとなると結構な財力がないと難しいと思われる。

実業家の活動

今は2業種の実業家だそうだが、過去には、レストラン・美容室・ライブハウス・看板製造・喫茶店・スナックと多岐にわたり、その敏腕を振るっていたようだ。

JAGUARさんの行きつけ

そんなJAGUARさんは、交友関係もひろい。
JAGUARさんの親友がオーナーの渋谷にある道玄坂ロックが行きつけのようだ。
壁一面に沢山のレコードが収納されており、そのシックな雰囲気のお店。

また、友人の一人である「みうらじゅん」さんが、20年ほど前にJAGUARさんを特集したそうだが、みうらさんによるとJAGUARさんは”謎かものすごく単純な構図なのかどっちか”だという。


謎に包まれた(orものすごく単純な構図かもしれない)JAGUARさん。
これからも、その謎の存在で人々を魅了し続けるだろう。


 - エンタメ, テレビ , , ,