美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

本日のよく読まれているページ

Sorry. No data so far.

49年の時を経て開通した「幻の橋」!「ひより台大橋」!

      2016/05/20


10月17日、仙台市太白区の八木山南とひより台の両地区を結ぶ「ひより台大橋」開通しました。

幻の橋!?

「ひより台大橋」ですが、計画されたのはなんと49年前の1966年に決定していたものの、未着工のまま時が過ぎ「幻の橋」とまで言われていたとのこと。

それが、仙台市の東西線事業でアクセス道の必要性が高まり、2009年に着工、2015年10月17日に開通しました。

やはり、その計画から開通に至るまで、49年間もの長い期間を経たという点、驚きです。

しかも、東西線の開業予定がなければ幻のままだったと思われます。

49年前という感覚

49年前の1966年っていうと、「ビートルズ」が来日したり、「笑点」が放送開始された、そんな時代です。

「笑点」はずっと昔からやっていていつはじまったのか?というのももはや分からないくらいの長者番組です。
随分と長い時を経たというのはお分かりいただけますでしょうか?

そんな長い間、待ちに待った「ひより台大橋」開通ということで、盛り上がるのは当然でしょう。

橋の開通に伴って、「交通利便性の向上」「周辺地域経済の向上」などさまざまな期待効果があり、49年もの長い期間を経てまで実施する、真の必要性があったからなのだと思います。
しかし、光の裏には影があるように、もしかしたらデメリットがあったりして、喜んでいる人ばかりではないのかな?ということも考えてしまいます。

12月には東西線が開業予定ということもあり、ますます便利になっていく仙台市!
いずれにしても、総合的に良かったとみんなが感じれるようになることを期待します。


 - 地域