美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

深夜のトレーニングは老化を早める!?朝食のアボカドとカシューナッツのサラダはステーキを食べてるのと一緒!?|中居正広のミになる図書館

      2016/05/20


一見、健康志向なものに思えてしまう、深夜のトレーニングや、朝食にアボカドとカシューナッツのサラダを食べるのは健康にいいものと思っていた方、多いのではないだろうか。

しかし、そんな健康に良さそうなことが、実はそうではないかもということを、12月23日の「中居正広のミになる図書館」で紹介していた。

いずれも、ベテラン女優の加来千賀子さんが実践していたことだそうで、これにはショックを受けていた。

それでは、ショックをうける知らなきゃよかったは、これだ。

深夜のトレーニングは、、、

加来さんは、500グラムをもってスクワットを10分~15分程度、夜中の2時にダンベル体操をしているそうだ。

そんな健康的な運動に思える知らなきゃよかったは、、、

アメリカの大学の研究によると「深夜の運動は、通常の6倍も人を太らせ老化を進めるホルモンが出てしまう」そうだ。

そのホルモンはコルチゾールといい、出過ぎると筋肉を壊して脂肪をつきやすくしてしまう作用があり、さらに老化を促進してしまうとのこと。

日中に傷ついた細胞を修復するのは夜寝ている間のため、「夜運動してコルチゾールを分泌してしまうと細胞が修復されず老化を早めてしまうそうだ。

バージニア大学の研究によると、運動をしていない時とした後のコルチゾールの量を測定すると、、、
午前7時 1.5倍
午後7時 2倍
深夜0時 6倍
の分泌量となったとのこと。

つまり、深夜に運動すると6倍のコルチゾールが分泌され、老化を早めてしまうということらしい。
私自身、深夜に運動をすることがあるので、ショックな話題だ。

お次はこれだ。

朝に食べるアボカドサラダは、、、

加来さんはカシューナッツとアボカドのサラダを毎日食べているようだ。

そのサラダに入っているものは、「アボカド半分、カシューナッツ10粒程度、レタス数枚、プチトマト2個」とのこと。
そんなヘルシーに思えるサラダの知らなきゃよかったは、、、

カシューナッツとアボカドの組み合わせは、朝からサーロインステーキを食べているのと同じ脂質量!

アボカドは、森のバターと呼ばれるほど栄養価も高いが脂質も多く、約2割が脂質。
カシューナッツも脂質が多く、約5割が脂質。

つまり、加来さんが食べているサラダは、サーロインステーキ150グラムを食べているのに相当するそうだ。
さらに、ビタミンCもあまり含まれていないため、ビタミンCと合わせた食事をするとバランスが取れていいかもしれませんね!

※記載内容はあくまで専門家の個人的な見解だそうです。


一概には言えないが、寝る前に運動するよりは、起床後の活動的な時間に行ったほうが気持ちがいいと感じる。
また、アボカドもついつい美味しく食べ過ぎになりがちだが、ほどほどにしたほうがいいようだ。
何事も適量がいいのかもしれませんね!

そうはいっても食べたなくなるアボカド。そんな、アボカド専用のスライサー。
手も汚れくく、いつも難しいと感じる種取りのサポートもしてくれて、簡単にスライスまでこなす便利なヤツです。


 - テレビ, 健康