美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

納豆と生卵の食べ合わせは要注意!?食べ合わせで変わる栄養効果!|林先生が驚く初耳学

      2016/05/20


いつもは食べ合わせとして、むしろ当たり前と思っていたものだが、それは栄養学的には要注意だったという、その内容とは。

それでは、まず1つ目。

要注意!「納豆」+??の食べ合わせ

納豆には、「ビオチン」という皮膚を健康に保つ効果がある成分が含まれている。
しかし、あるものと一緒に食べると「ビオチン」の吸収を妨げてしまう可能性があるという。

「ビオチン」がないと、肌荒れの原因になったり、髪がパサパサになったりする恐れがあるそうだ。

それは、どちらもかなり一緒に食べる機会があるものであるが、以下のうちどちらかわかるだうか。

「ネギ」or「生卵」

納豆の効果を得られなくなるものは、、、
なんと、「生卵」

卵白に含まれる「アビジン」が、納豆に含まれる「ビオチン」の吸収を妨害するとのこと。
どうしても生卵と一緒に納豆を食べたい場合は、卵白を除き黄身だけにすればいいようだ。

ちなみに、納豆と相性が良いといわれるのは、「ネギ」
納豆に含まれない「ビタミンA」や「ビタミンC」を補ってくれるため、「目の疲れを回復」したり「美肌にも効果」が期待できるそうだ。

続いては、2つ目。

要注意!生の大根+??の食べ合わせ

生の大根には「ビタミンC」が含まれ、美肌効果が期待できるようだ。
しかし、あるものと一緒に食べると「ビタミンC」が壊されてしまうそうだ。

1つ目同様、それはどちらもサラダなどで一緒に食べる機会があるものであるが、以下のうちどちらかわかるだうか。

「ニンジン」or「玉ねぎ」

大根の効果を得られなくなるものは、、、
なんと、「ニンジン」

ニンジンの中に含まれる「アスコルビナーゼ」が大根に含まれる「ビタミンC]を壊してしまい、美肌効果が得られなくなる可能性があるとのこと。

ただ、大根+ニンジンを一緒に食べたい人には、お酢をドレッシングなどで一緒に摂取するといいようだ。
お酢に含まれる「クエン酸」が「アスコルビナーゼ」による弊害を防ぎ、「ビタミンC」を得ることができるようだ。

お正月によく食べる「紅白なます」は、生の大根とニンジンとお酢が一緒になったもので、まさにもってこいの食べ合わせ
昔の日本人はベストな食べ合わせを知っていたようだ。


林先生が驚く初耳学!から、おススメのページはこれだ。
「第一印象を抜群に上げる方法のウンパニ体操」は、こちらのページをどうぞ。
「揉むより伸ばせ!筋膜リリース体操」は、こちらのページをどうぞ。

食べるものの栄養が、一緒に食べるもので効果が変わることがあるようだ。
今回は、効果が抑制されてしまうケースであったが、相乗効果となる食べ合わせもあると思われる。
人に例えて考えてしまったが、ちょっとあてはまることがあり、とても興味深い話題だった。


 - テレビ