美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

揉むより伸ばせ!筋膜リリース体操|林先生が驚く初耳学

      2016/05/20


11月29日に放送された「林先生が驚く初耳学!」では、普段良かれと思ってやっていたことが意味がない!その人気シリーズに迫った。

美容のためだと言われていた、半身浴。カロリー消費も、老廃物も出すことが出来にくいため、意味がない。

また、運動前に行うストレッチは、リラックス効果はあるものの、体はほとんど温まらないので、ケガ防止には意味がない。

今回の意味がない内容は、

肩こりは揉んでも意味がない。

首都大学東京の竹井仁教授は、揉んで和らげる行為は、根本的な解消方法ではないという。

肩を揉むより、コリが取れる新しい方法があるという。この内容は林先生は知っていた。なんでも知ってますね…。

最近の研究で分かったという、ポイントは、筋膜。筋膜とは、筋肉や内臓を包む膜。

シーツを例に話をすると、きれいにシーツが敷いてある状態は筋膜伸びている証拠という。一晩寝て、シーツがぐしゃぐしゃになるようなのは、筋膜が偏ったりくっついている状態と同じで、これが肩こりという。

シーツをきれいにするのに、さらにくしゃくしゃ(揉む)ことはしませんよね。伸ばすことが重要。

筋膜リリース体操

20年以上肩こりに悩まされている女性で科学的に検証し、肩こりがスッキリした筋膜リリース体操。

①右手を頭の後ろ。左手を背中にする。
※後ろから見ると、Sを描いたようにする。

②鼻を左肩に近づけるように横を向く。

③30秒~45秒キープ

④足を交差し、左肩方向に体を倒す

⑤30秒~45秒キープ

⑥反対側も同様に行い、1日3回実施。

1か月も経てば、見た目も分かるほどの肩のラインがすっきりするという。

先週の林先生が驚く初耳学!は、当サイト過去最高(1週間)のview数2000突破!第一印象を抜群に上げる方法のウンパニ体操は、こちらのページをどうぞ。

私は重度の肩こりなので、早速今からやってみます!

筋膜リリースに関してわかりやすいと人気の書です。興味があればどうぞ。


 - テレビ, 医学