美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

八王子に潜入!マイルドヤンキーは実在するのか?|マツコ会議

      2016/05/20


本日、11月28日の日本テレビ「マツコ会議」についてのご紹介。

お題は、「マイルドヤンキーは実在するのか?八王子の若者を深堀調査」です。

ヤンキーというと、昔のイメージはリーゼントにバイク、争い事を好むそんなアウトローなイメージです。

ただ、それに”マイルド”がつく、マイルドヤンキーとは、原田曜平さんが提唱した言葉で、地元志向が強く、郊外や地方都市に住むような、ちょっと今どきのヤンキーのジャンルをいうようです。

中継先は、東京都八王子市、八王子のランドマーク、ドン・キホーテ前からの中継です。

ここ八王子ではマイルドヤンキーに人気のご当地グッズがあるとのこと。
それは、背中に大きく「八王子」と書かれたTシャツ

八王子に急増。マイルドヤンキーの実態。

まず、最初に登場した6人組の男性グループ。
その中の1人の男性をみて、どうもマツコさんが反応。その男性がタイプのようです。
マツコさん、ここでなんとタイプの男性は「国道16号線沿線にいそうな人」とのこと。
ちょっとイカツめな男らしい人っていうことでしょうか。

「八王子といえば?」という質問に、男性たちからは「FUNKY MONKEY BABYS」とのことですが、「北島三郎」さんや「松任谷由実」さんをイメージしていたマツコさんはちょっとついていけない様子。
ちなみに、この男性グループには彼女が誰もいないようで、マツコさんびっくり。

次に登場した2人組の男性グループ。
「ういっす~!」「ヤーマンっすね」との発言。
これには、マツコさん意味不明なため反応ができない様子。
「ヤーマン」→ [YAH! MEN」の意味とのこと。おっすくらいの軽い感覚で使うようです。

「ヤーマン、知らないんですか?」と男性。
「知らなくていいんだよ、そんなものは!何言ってんだよ、お前は!」と、マツコさんは怒って言い返します。

さらに立て続けに男性が、「DIGんないと、DIGんないんすか?」とのこと。
「DIGる」 → 掘る。つまり、「知らない言葉を掘る、探求する」というような使い方をするそうです。

ちなみに、男性たちは、「ラッパー」だそうで、「ラッパー↓」が玄人の発音で、「ラッパー↑」は素人の発音だそうです。
なるほど、ためになります!
この登場した男性は、「Kyandy」いうラッパーの方だったようです。

次は、家族連れマイルドヤンキーが集まる聖地に潜入

その場所は、食べ放題の人気店「すたみな太郎NEXT」。

24歳~26歳くらいの子供連れの若いお母さん達の登場。
グループを仕切っている姉御が、子供を見せて「かわいいでしょ」との発言。
「お母さんの方がかわいい。」と、マツコさん。
「お世辞はいらない。」「ありがとう、オリゴ糖。」という斬新な切り返しに、マツコさんも爆笑。
一番若いお母さんは24歳、お子さんはなんと6歳!18歳のころにご出産されたようです。
姉御は旦那さんはいらっしゃるそうですが、ほかのお母さんたちはシングルマザーのようです。

インタビューを続けようとすると、なぜか、子供さんが泣き始めました…。
ここで、一旦若いお母さんグループのインタビューを中断。

新しいグループへのインタビュー後、お子さんが落ち着いたようなので改めてまたインタビューを再開。
さっきまで泣いていたお子さんは、笑顔になっていました。

みなさん元気で、とても明るい方たちでした。

総合演出マツコさんがまだ掘り下げたいことは、最初に登場した男性グループの「何をやっているかわからない彼らの日常」となるようです。


前々回の「新しい出会いの場?男女260人!巨大シェアハウスの現実!」の内容が気になる方はこちらの記事がおすすめです。
前回の「武蔵野美術大学学園祭潜入!噂の美大男子」の内容が気になる方はこちらの記事がおすすめです。

八王子は新宿まで電車で1時間とかからないところなので、郊外といってもかなり便利な場所ではあると思いますが、都心までいかずとも八王子の中でも十分に楽しめるようです。
明るい元気な人たちの登場で、元気をもらえる面白い回でした。次回も楽しみです。

マイルドヤンキー提唱者の原田曜平さんの書です。興味があればどうぞ。


 - テレビ, 地域