美容や健康・エンタメ・スポーツ・お役立ち情報など、その日の気になるネタ、トレンド情報をわかりやすくご紹介

本日のよく読まれているページ

Sorry. No data so far.

名医が実践する健康法BEST5(前半)|サタデープラス

      2016/05/20


11月21日のサタデープラスでは、日本国民が格付け。名医が実践する健康法BEST5の発表だ。

第5位:最強調味料の健康効果

内科の名医、おおたわ史絵ドクター。テレビのコメンテーターでも活躍するドクターが、美肌と健康について語った。

1000人中710人が真似したいという健康法とは、スプーン1杯で美肌も作る。魔法の健康調味料。0b8fd3106b74fc82aeabad497f964c2b_s

ハチミツ

砂糖とハチミツの違いについては、砂糖はほぼ糖質だけの甘味料、ハチミツはなんと100種類以上の健康成分が含まれ、美肌に有効なミネラル(10種類)、ポリフェノール(10種類)も含まれている。

さらに最近注目なのは、その殺菌力と、抗菌力。なんと、医療用ハチミツというものまであり、粘膜保護剤としても使われているという。

毎日取るのは大変!そんなときは、ご飯を炊く前にスプーン1杯程度いれることで、ふっくらと炊きあがるそうだ。また、ハチミツを選ぶ際は、極力「純粋」とかかれたものを選んだ方がいい。

糖分なので、スプーン1杯を毎日続けることが健康、美肌には非常に有効だ。なんでも適度がいいんですね!

第4位:歯から脳卒中?心筋梗塞?

クラジ歯科医院院長|倉治ななえドクター。普通年齢と共に、歯が衰えていくが、院長は61歳にして自分の歯をすべてキープ。しかも白い歯で美しい!

そんな院長がいう、歯を失う原因は、虫歯ではない。その原因は、歯だけではなく、脳卒中や、心筋梗塞までも引き起こす原因となるという。

それは、歯周病菌

歯周ポケットに食べ物のカスなどが溜まると奥に潜む歯周病菌が大繁殖する。歯を根元からむしばんでいく。これが血管に入ると、脳卒中や、心筋梗塞までも引き起こす可能性がある。普段からのしっかりした歯ブラシで予防が重要だ。

そんな、歯ブラシのやり方は、殆どの人が間違えているという。

・歯ブラシを水に濡らしてはいけない。
理由:発泡剤が泡立ち、すぐに吐き出したくなる。長い時間口の中に歯磨き成分(フッ素)をいれることが重要。

・歯磨き粉はたっぷりつける。
理由:フッ素を口の中により多く入れるため。

・すすぎは、1回だけ。
理由:フッ素を流してしまうため。

最後の仕上げは、歯科医90%以上が勧める「フロスや糸ようじ」。こんなデータもある。歯垢除去率は、歯磨き前→歯ブラシで58%→フロス86%までとなる、やはり歯ブラシだけでは限度があるんですね。

アメリカでは、Floss or Die!という言葉もある(フロスを使うか死ぬか)そうだ。ついつい忘れがちな歯ブラシ。3位~1位の後半については、こちらからどうぞ。

いろいろな病気の原因ともなると、歯ブラシ&フロスしっかりやらないといけないなと思いました。


 - テレビ, 医学